「消費者」タグアーカイブ

能動と受動の間の垣根をなくす

垣根(1)「生産者と消費者」、「演奏者と聴衆」、「お店とお客」、「サービス提供者とサービス受給者」、「助ける側と助けられる側」「無償サービスと有償サービス」などの間の垣根の無い臨機応変な「場」を増やしていきたい。 

垣根(2)農業で重要なのは、国としての自給率だけじゃなくて、「地産地消率」と、「一般市民の生産活動への従事率」も大事だと思った。都市農業を推進して都市でも自給率を上げることは出来るし、生産者と消費者の垣根をなくし消費者がちょっとした生産者になることも出来る。 

垣根(3)都市部での食料やエネルギー自給率が上がれば、それだけ持続可能性が高まる。生産者と消費者の垣根を無くすことがキーだと思う。そうすると、必然的に、生産者単位の規模は小さくなる。 

垣根(4)エネルギーにしても、フェアな土壌で無数の一般市民が生産者になることが出来れば、どのくらいの発電量が得られるのかは計り知れない。日本のエネルギー問題も、生産者と消費者の間の「垣根」が大きく影響していると思う。 

垣根(5)ポートランドの街中には、ストリートパフォーマーが沢山いる。中には、「それなら自分にも出来る」と思えるような、簡単で全体のレベルを落としているパフォーマーも普通にいる。この、演技する側と見物する側の垣根の無さが最高だと感じる。むやみにハードルを上げるとつまらなくなる。 

垣根(6)ポートランドのアートへの取り組みが成功しているのは、恐らく、たいしたことないように見える作品も、人目に触れやすい場所に展示されやすいから。特別な能力や経験がなくても、「これなら自分にも出来そう!」って思わせてくれる。「表現者」と「見物客」の間の垣根が薄い。 

垣根(7)個人やグループの枠から抜け出せないような自分たちを売り込むだけの音楽活動は卒業した。むしろ、「表現者」と「聴衆」の垣根のないような、誰もがその間を自由にまたいで活動し、自信をつけていけるような場づくりをしていきたい。 

こういったように『能動の側と受動の側の「垣根」を無くすこと』は、自分の人生のテーマの一つだ。

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

「働きにくい日本」を形成しているのが、実は、消費者という立場の僕達日本国民であるとしたら? 

労働時間が世界最短国の一つだであるオランダの従業員は、休憩時間になったり、就業時間が終われば、さっさと仕事を終わらせると聞いた事がある。例えば、空港や郵便局の窓口に人が並んでいても、自分の勤務時間が過ぎれば窓口を閉めることがあるという・・・ 

オランダでは、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針らしい。これなら、仕事中に過度のプレッシャーで事故を起こしたり、自殺に追い込まれるような事も無くなるばかりか、従業員のモチベーションが上がり、むしろ生産効率も上がるかもしれない。 

オランダのように、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針を持ち、消費者としての僕たちが不便を甘受出来る姿勢を持てれば、日本社会に渦巻くプレッシャーや息苦しさは減るのだろうか。 

日本とオランダの人々の労働環境を対比してみた日記。「過剰なサービスが引き起こす因果」bokudeki.me/essay/mainessay/509/ 

オランダのある学校の校則って「人間らしく行動すること」だけ???日本人の感覚だと具体的なことを聞かないとピンと来ないものだけど、ある中学校の校長は「それは生徒が自分で考え、自分で決めることです。あまり細かい規則をつくると、生徒は自分の頭で考えなくなるので、つくりません」だそう。

グローバル化対策はこれでバッチリ?

TPPに参加しようがしまいが大事なのは、消費者として買い物をするときは自分に近いコミュニティに有利なお店で有利なものを選ぶ。労働者として、自分に近いコミュニティに利益のある仕事をする。ステーク•ホルダーとして、自分に近いコミュニティを強くする為に政治活動に参加し、戦略的に進める。 

TPPに参加しようがしまいが、僕たち国民が、消費者として、労働者として、ステークホルダーとして賢く行動するための議論が最も重要だと思う。国益っていうのも単位がでかすぎて、まずは「家族」や「近隣」というコミュニティに利益のあることを意識して行動していけばいいと思う。 

自治体や国の財政面の改善を目指すには、企業からの法人税をあてにするだけじゃなくて、お金が逃げて行かないように、それぞれの枠内でお金が循環するようにすればいい。一番効果的なのは、人々の地元意識などの自主性や当事者意識を育てることだと思う。

家着いたら夜中の12

家着いたら夜中の12時になっていた。
昼から何も食べていなくてお腹が減っていたが、かなり疲れてて料理する気力がなかったので、手軽にチキンラーメンで済ませた。
チキンラーメン卵乗せに挑戦したが失敗した・・・
ポットからじゃうまく卵の上にお湯を注げないので、やっぱやかんでお湯を沸かしてかけないとダメな事を学んだ。
チキンラーメンはずーっと昔から商品としてあるが、最近、麺の塊に卵を載せる為のくぼみをつけただけで、売り上げが激変したらしい。
こういうちょっとしたアイデアだけで企業に影響が出るなんてすごいなと思う。
一見何でもないアイデアだけど、これを企画した人は、商品を売る立場でありながら、消費者の立場で客観的になって商品化できるなんてすごいなと思った。