「生徒」タグアーカイブ

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

「働きにくい日本」を形成しているのが、実は、消費者という立場の僕達日本国民であるとしたら? 

労働時間が世界最短国の一つだであるオランダの従業員は、休憩時間になったり、就業時間が終われば、さっさと仕事を終わらせると聞いた事がある。例えば、空港や郵便局の窓口に人が並んでいても、自分の勤務時間が過ぎれば窓口を閉めることがあるという・・・ 

オランダでは、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針らしい。これなら、仕事中に過度のプレッシャーで事故を起こしたり、自殺に追い込まれるような事も無くなるばかりか、従業員のモチベーションが上がり、むしろ生産効率も上がるかもしれない。 

オランダのように、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針を持ち、消費者としての僕たちが不便を甘受出来る姿勢を持てれば、日本社会に渦巻くプレッシャーや息苦しさは減るのだろうか。 

日本とオランダの人々の労働環境を対比してみた日記。「過剰なサービスが引き起こす因果」bokudeki.me/essay/mainessay/509/ 

オランダのある学校の校則って「人間らしく行動すること」だけ???日本人の感覚だと具体的なことを聞かないとピンと来ないものだけど、ある中学校の校長は「それは生徒が自分で考え、自分で決めることです。あまり細かい規則をつくると、生徒は自分の頭で考えなくなるので、つくりません」だそう。

依存について…Tweetまとめ

依存には2種類あって、一つはお馴染みの「個人的な欲求を満たす為の依存」で、もう一つは「個人を超えたより大きなコ ミュニティの健全な発展の為に進んでする依存」。

コミュニティの事を学んでいくうちに、僕はいろんな人と関わり巻き込むようになった。間違いなくみんなの必要性を感じ依存している。でもそれはみんなも同 じこと。「相互依存」という相当パワフルなもので、個人的な欲求を満たす為の依存とは分けて考える必要がある。

うちの大学の教授は、明らかに自分の利益になるように授業を構成している。生徒を利用して情報やより多くの視点を効率的に集めたり…生徒からすれば、お金 を払っているのに納得いかないかもしれない。でも、もしその教授が後の生徒の為に尽くせれば、社会全体の恩恵となり巡り巡って自分にも返って来る。

だから僕は全力でクラスを受ける。生徒が教授を必要とするのは当たり前だが、実は教授も生徒を必要としている。この相互依存関係はかなり重要だと思う。人 々がこういった相互依存関係を理解し率先して行動するようになった時の社会へのインパクトは計り知れない。

人々がテクノロジーに依存するのは何故なのか?個人レベルで欲求を満たすため?それとも、個人を超えたより大きなコミュニティの繁栄に必要なため?テクノ ロジーを作る人も使う人も、どちらを選択するかで結果が全く違うものになる。Twitterも例外ではない。

続きを読む…http://bokudeki.org/?p=1841

アメリカトップ校の講義が聴ける!!!

実は、今年から無職生活を送っています。
アルバイトは、契約切れで結局切られてしまいました。
経済的なことと、大学出願の履歴書に響くということを心配していましたが、結局TOEFLのスコアがまだ足りないので、勉強の時間が出来たのと、アルバイト先で推薦状を書いてもらえたのと、エッセーに少しでもこれから目指すキャリアに関連した経験が書けて良かったです。

ということで、今は一日中英語を勉強している訳ですが、英字新聞のThe Japan Timesを読んでたら、とても興味深い記事に出くわしました。

もしかしたらご存知の方もいるかもしれませんが、アメリカトップ校のいくつかが、今では一部の講義をインターネット配信しているんです。

まず、マサチューセッツ工科大学が、「Open Sourceware」というサイトで、一部の講義をストリーム配信しています。

Open Sourceware
http://ocw.mit.edu/OcwWeb/web/home/home/index.htm

聴ける講座はかなり限られますが、すごい大判振る舞いだと思います。
記事によると、この恩恵を受けているひとは、他大学の生徒や一般の人だけでなく、他大学の教授もこれで勉強しているそうです。

また、UC Berkeleyは、何と、YouTubeで講義を公開しています。
例えば、これは物理の「宇宙」についての講義です。

これまた一部の分野の講義だけですが、この辺から興味のあるものがあれば是非見てみて下さい。
http://jp.youtube.com/results?search_query=UC+Berkeley+lecture&search=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

他にも、ipodのpodcastingでも配信されている講義があるらしいですね。
すごい時代になりました。

おまけとして、僕の第一志望校のポートランド州立大学のCenter for Transportation Studiesのセミナーの録音サイトもご紹介しておきます。
http://www.cts.pdx.edu/seminars.htm

このセミナーのクラスは、大学の生徒だけでなく、一般の人も参加出来るそうです。
素晴らしいシステムですね。

紹介しておきながら、僕は全然聞き取れないんですが、本当に英語が出来たらいいなぁっていつも思います。

この講義についていける人がいたら、聴いて内容を教えて欲しいです。

1勝1敗

昨日は英会話レッスンの日だった。

また前回に引き続き、シアトルに語学留学していた女性と軽く談話した。
彼女も正式にこの英会話スクールの生徒になったらしい。

初対面の時、僕がどうしょもなくダメな生徒だったら同じ結果にならなかったかもしれないな・・・汗

今回の談話は、前回と打って変わって、やはり実力の差を見せ付けられる結果となってしまった・・・
10分程という短い時間だったから難しい事は難しいんだけど、その中で全く流れを作る事が出来なかったのが悔しかった・・・
頭がぼーっとしちゃって話を切り出すのが面倒だったのかもしれない。。

現状では、英語に限らず、生産的な話が出来るかどうかは、その時の調子とか気分による・・・
その時々の調子や気分に左右されているようでは、何に対しても常勝街道を突き進む事は出来ない。

英会話だけに限らず何にでも繋がって来るこのメンタル面の強さこそ培って行くべきなんだなと思った。