「自分」タグアーカイブ

悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 bokudeki.me/essay/mainessay/653/

確かにある未知の能力、持続的にどう引き出す?

LSDなどのサイケデリックのドラッグは、人間の潜在的な能力を引き出すものだとは思う。確かに、サイケデリックを使ってすごいアートや音楽を作る人はいる。だけど、体に不自然な方法で「覚醒」の状態に到達させているだけに副作用がある。効力が切れると憂鬱になって逆にやる気が起きなくなる。 

サイケデリックドラッグが人の潜在的な能力を引き出すことについて、その能力は確かに自分のものだとは思うけど、問題は「持続可能ではない」ということだと思う。アスリートがドーピングをするのと同じで、副作用があり、その効果は持続しないということ。 

サイケデリックドラッグにより、自分の能力や可能性を垣間見るというのは必ずしも悪いことじゃないけど、その手段だけしか自分の能力を引き出せないというのは何とも悲しいこと。自分の潜在能力に気づくのには意味があるかもだけど、将来的にはドラッグに頼るのは得策ではない。 

誰もが眠らせている能力や可能性がある。ドラッグなど持続不可能な手段ではなく、自分の未知の能力や可能性に出会うには、どういう手段があるだろうか?

「自分が出すゴミとどう向き合うか」が紳士度を決める?

歴代のアメリカ人のルームメイトの多くが、ゴミを出しまくっているくせに、ゴミを捨てにいかない。もう12月になるのに、ゴミ箱の近くにはまだ虫がいて、すぐに捨てにいけばいいのに、殺虫剤みたいので退治しようとする…こういう思考が環境問題の原因なんだろうな。(「話し合いによって何とかしろ」という最もな意見はまず置いといて…)

「自分が出すゴミとどう向き合うか」で、その人の野蛮度が判断出来る気がする。

本当に紳士な人は、まずゴミを出さないように生活を工夫するはず。基本はリデュース•リユース•リサイクル。食材も包装のゴミが出ないものを選び、食べ残しを無くし、食材は使い切る。食材の残りカスはコンポストにして肥料として使う。まだ出来ることはあるかな?

実は、「ゴミ問題」の最前線で頑張っているのが、自治会の役員さんたちなんだと思う。そういった意味でも、自治会の事業ってとてもとても重要だと感じる。

これは参考になった。→「NY市のごみはどのように処理されているのか??」nyiyamee.exblog.jp/8332145/

ゴミ問題の裏で起こっていること…『フレッシュキル埋立地の閉鎖の責任者であったロタ副市長は毎日繰り返されるこの光景を見て、市のゴミ処理業務は今や「日常的な軍事作戦のよう」だと述べた。』「ニューヨークは世界のゴミの首都?」www.worldwatch-japan.org/NEWS/ecoeconomyupdate2002-6.html

ニューヨークのフレッシュキル埋立地については大学のクラスで触れたけど、ひどい有様だった。だけど、それも紛れも無いニューヨークの姿。(ここに写真あり:nymag.com/news/features/52452/)美しい公園になるからと言って、そこに住む人たちの野蛮さや不潔さは消えない。

ニューヨーク市は、満杯になった広大なフレッシュキル埋立処分場を閉鎖し、ゴミ処理を市外の処理業者へ委託する決定をしたそうだ。他人に任せれば楽だけど当然お金がかかる。つまり税金。フレッシュキルを美しい公園にするのも、途方もなく税金がかかること。

このように、ゴミ処理を他人へ丸投げすることも、ゴミ溜めの汚さをカモフラージュすることも、ものすごく負担がかかりお金がかかることなんだ。そう考えれば、自治によるゴミ処理をすること、何よりもゴミの量を減らすこと、を生活の中に習慣として取り入れるモチベーションになるかもしれない。

モチベーションの維持のために…

モチベーションを維持することって、やっぱ難しい… 

モチベーションを維持するには、そのものごとに対していかに当事者性を持つかにかかっているんだと思う。当事者性を持つには、ものごとの間の関連性について、更にはそのものごとと自分との間にある関連性などを見極めることがスタート。 

自分との間にある関連性に気づかない限り、継続的なモチベーションは生まれないと思う。 

地球の他の地域での出来事と自分との関連性。例えば、自分たちの行動により、地球の裏側で気候変動を起こしているかもしれない。例えば、欧州やアメリカの金融危機が自分のうちの家計にも影響するかもしれない。何より、僕らが「変わらない」ことにより、他の地域に負担をかけ続けるかもしれない。 

僕が、国際社会で活動するより、自分の地元に集中して活動しようとするモチベーションは、地元をモデル地域にすることが、どれだけの影響力があり、他の地域の変革につながるかを知っているから。 

「地球規模で考え、足下から行動する」っていう標語の示すところは、「関連性への熟知によるモチベーションの持続」なんじゃないかと思う。

「自分にしか出来ないことを探す」より「みんなが出来ることを探す」

自分で変わってるなと思うのは、例えば、「自分だけが出来そうなことを探すより、みんなが出来ることを探そうとする」ところ。だから、僕の行動の動機や考え方は、ホームレスとか弱い立場にある人が基準になってたりする。 

Playing The Hero

「自分にしか出来ないことを探す」ってのは、どこかスーパーマン思考のような気がする。現実的には、「みんなが出来ることを探す」方が、社会変革には近道なはず。 

僕がこれからのビジネスの形を考える場合、家庭だったり個人のスケールだったり、そういった極小のスケールのビジネスを捻り出そうとする傾向がある。「社会で一番弱い立場にいる人が始められるビジネス」というのが基準になっているんだと思う。 

大きなことをやろうとしない人が、結果的には大きなことを成したりすることもあるだろうね。例えば、「日本の総理大臣になる」って言ってなったところで、それだけでは日本は変わらない。自分の足元から始め、国民レベルでの地道な変革運動が必要不可欠のはず。 

留学すると決めた時、実は何を学ぶかは後付けだった。「国際関係学を学び華やかな国際社会で活躍」なんてかっこいいなと思ってたけど、あまりにもスケールの大きなこと過ぎて、結局、将来の進路が具体的に思い描けなかった。 

結局、アメリカでは「コミュニティ開発」を学び、将来は、ローカルの規模で自分でも具体的に結果を残せそうな地味な活動をすることになった。でも、今ではこの選択が出来て本当に良かったと思ってる。 

国際社会の中で一握りの人たちによるトップダウンの社会変革を狙うより、ローカルの規模でみんなが出来ることを見つけてじわじわとボトムアップの社会変革を狙う方が、実は近道だと思う。 

「オシャレ」だとか「クール」だとかを基準にカリスマ性を発揮するための運動じゃなくて、より多くの人が参加出来るような普遍的な運動がしたい。だから、震災復興チャリティ路上ライブをやった時も、好みのクールなオリジナル曲より、音楽の教科書に乗るような誰でも知っている曲をコピーで演奏した。 

もう18年も前のことだけど、僕はX JAPANとか激しい音楽が好きな中学生だった。不良だった訳じゃないけど。高校から洋楽を聞き始めて、プログレから始まり、メタル→スラッシュメタル→デスメタル→メロディック•デスメタル→ブラックメタルとメタル道を極めていった。 

大学一年の時に、オリジナルのミクスチャーバンドに加入し、横浜ベイホールで1500人を動員したという(?)ハードコア企画に一番下っ端として出演。その後、ニュースクール•ハードコアの音楽シーンで自作曲のバンドで活動し、無謀にもイタリアのバンドを日本に招待して手作り全国ツアーを決行。 

でも、今は、自分を売り込む音楽活動にはあまり興味がなくて、演奏者と聴衆の垣根を無くして誰でも参加可能な場を作ることに興味がある。震災復興チャリティ路上ライブで音楽の教科書に乗るような誰でも知っている曲をコピーで演奏したのは、そういった意図があった。

「企業でどう役に立つか」を考えるべき?

来年以降の進路について、親と対話を続けています。大学院進学かポートランドに残るか日本に帰るか。自分で決めることですが、出来る限り親の理解を得るため。うちの親は「企業でどう役に立つか」が最重要項目。そもそも、僕の目標を達成出来る企業は皆無なので、親の意向には沿えない。

仕事をするということを考えた時、「企業でどう役に立つか」というのが先に来るとしたら、僕にとっては違和感がありまくる。それが有効に働くのは、「自分のやりたい事が無い場合」と、「自分のやりたい事を既に実践している企業がある場合」くらいじゃないかな。

自分の使命レベルのことやこの国難の時に本当に必要なことを考えた場合、既存の企業群だけではほとんど役不足だと思う。個人レベルでやるべきことを特定し役割分担するために、それぞれで必要な事業を一から始めるのが最もあるべき流れだと個人的には思う。

だから、「企業でどう役に立つかだけ考えろ」なんてのは、むしろ甘過ぎる考えだと思う。苦労させない気遣いのつもりでも、結果的に最も痛い目にあうパターンになる気がする。

ネット上の揚げ足を取るような議論の対処法として…

お互いのスタンスを示し合うことなしに議論が成立するってことはあるのだろうか?卑怯な人は、自分のスタンスをはっきり示さずに揚げ足を取るだけになりやすくなる。自分のスタンスをはっきり表明することは、相手と同等の責任を持つということで、それで初めてフェアな議論になるんじゃないか?

実はすごい事に気づいたかもしれません。ソーシャルメディアなどネット上の揚げ足を取るような議論で、話が広がり過ぎて収拾がつかなくなる場合の対処法として、「焦点となっているそれぞれの議題についてみんなのスタンスをYes or Noでしっかり示し合う」こと。

卑怯で相手の事を絶対に認めたくない人は、自分のスタンスを示さず、自分のスタンスに矛盾が出ようが何でも反論してしてきます。そういう人は、何だかんだ言って自分のスタンスを示さないかもしれませんが、そういう人とはネット上では議論しても時間の無駄なので、そこでやめる。

ネット上の議論で、卑怯で相手の事を絶対に認めたくない人は、自分のスタンスをはっきり示さず、つまらないことで揚げ足を取るか話題をずらして反論とも言えない反論をしてきます。また、徒党を組んでとにかく相手をバカにし、内容はともかく議論に優勢であるかのように繕おうとします。

さらに、明らかに自分たちの方が言葉が悪いのに、「言葉が悪い」だの「上から目線」だの言い、徐々に本題から遠ざかっていき、あからさまに人格否定や中傷をし始めます。この時点で、もう論理では勝てないと判断したか、誤りを認めない為に事実をあえて知ろうとしないかのどちらかだと思います。

「無知は、知の怠慢ではなく、知ることを拒絶する膨大なエネルギーの結果」フロイト

顔が見えなければ何でも出来てしまうところが悲しい…

バイト応募で脅し 被害相次ぐ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1434293&media_id=2

このニュースを読んで、本当に悲しくなった…
顔が見えなければ何でも出来てしまうのかって…
お金を騙しとってその相手がその後どうなろうと、文字通り「関係ない」ってことだと思うから。
グローバリゼーションの世界でもインターネット上でも横行しがちなことだけど。

そして、当事者間以外でも、こういった事件とは自分は「関係ない」と誇らしげに言える人も確実にいる。
事故は事故を起した人、巻き込まれた人各自の自己責任。
事件は事件を起した人の自己責任。
で、自分には「関係ない」と…

それで済めばいいのかもしれませんが、果たしてそれで済むでしょうか?

#026. その人の為に怒れる人

自分の為に怒ってくれる人は探してでも見つけろという言葉がある。
僕もまさにそう思う。
今の時代って、相手の為に怒れる人ってすっごく少ないと思う。
それは、どちらかというと、怒られる側に問題があるんじゃないかと僕は考える。
相手が自分の為に怒ってくれるという事がどんなものか、その本質を知らないからだと思う。
怒られても聞く耳持たないかもしれない。
怒られて余計なお世話と思うかもしれない。
怒られたくないからその人と少し距離を置くかもしれない。

続きを読む #026. その人の為に怒れる人

#025. English Zoneに吉井怜さんが!

英会話の勉強で、English Zoneという英会話学習向けの雑誌を買いに、町田のLIBROに行った。
英会話の先生に、ここに売ってる事は聞いてたけど、どこにあるのか分らなくってかなり探し回った・・・汗
何とか見つけて、何月号買おうかなって悩んでたら、吉井怜さんの闘病についての特集が載っているものがあった!
何て偶然なんだ・・・と思って、これっきゃない!と思ってそれを買った。
家に帰ってその記事を読んでみた。
知らない単語が多くてかなり苦戦したけど、おおまかな話は知っていたから、分らない単語はなるべく想像で読み飛ばしながら何とか読みきれた。

続きを読む #025. English Zoneに吉井怜さんが!