「選択肢」タグアーカイブ

世界恐慌による帝国主義化の下でのTPPの議論

なるほど、日本がTPPに参加しないなら、相当の覚悟が必要になるのかもしれないな。1929年に始まった世界恐慌のように、グローバル経済の様相が変わって帝国主義化•ブロック経済化すると、今の日本では孤立したままではとても生き残れない。

TPPのようなメジャーな経済ブロックに所属しないということは、ソ連崩壊後のキューバのような状況になるのかもしれない。キューバは、アメリカからは経済制裁されて、ソ連崩壊後はほとんどの輸入品が仕入れられなくなり、経済的に孤立してある意味地獄を味わった。

日本は、TPPなどのブロックに参加するかどうかの選択肢があるだけ恵まれていると言えるかもしれないけど、選択肢があるだけに、一見楽な方向流 れる可能性が高い。でも、地獄を味わう覚悟で経済的孤立の道を歩むなら、今のキューバのように突破口を見つけて、独自の道を歩めるようになると思う。

僕たち日本人にその覚悟があるかどうかなのかもしれない。確かに、軽々しくTPP反対とは言えないと思う。僕は「経済的孤立」という地獄と喜んで戦うけど。むしろ、血が騒ぐよ。

どちらにしても、僕たち国民に必要なのは、自分の所属するコミュニティに対して当事者性を持ち、その中で必要な役割を果たすこと。

「経済的孤立」という地獄を味わった結果の現在のキューバ。もちろん完璧ではないけど、災い転じて福と成した姿と言えると思う。→「キューバの有機革命」ow.ly/1zAkVh

「野蛮」だと感じるポイントと許容範囲の違いについて

ポートランドでこれだけOccupyムーブメントの占拠活動が盛んなのは、「汚ない」とか「野蛮」という意識のレベルが違うからかもしれない。元々、街中には、日本人の感覚では、ホームレスに見えるような汚くて野蛮そうな人ばかり。だから、抗議活動にも、変な抵抗が無いんだと思う。 

抗議活動も立派な社会変革への手段。社会が崩壊の危機に瀕しているときに、「抗議活動は野蛮な行為」だとか言って何も行動しない人こそ野蛮な人なんだと思う。他に方法が思いつかないなら、汚くても野蛮なに思えても、やるっきゃないんだ。 

人口問題から派生する諸問題を解決するには、人間を大量虐殺するか、活かし切るかしか選択肢が無いのかもしれない。「人間を大量虐殺」なんて発想が出来ること自体が野蛮に感じるかもしれないけど、僕たちは「無関心」という手段により既に大量虐殺を行っている可能性がある。 

映画「ブラッドダイヤモンド」で、アフリカの都市で、プライバシーがほとんど無い環境で「死」も「性」もむき出しな「野蛮」だと思わせる場面が出てくる。でも、良く考えてみれば、資源もスペースも独り占めしてプライバシーを最大限に満喫している僕らの方が野蛮だと感じることがある。 

虫を極端に嫌う人が多いけど、虫がいない環境って、むしろ野蛮である証明ではないだろうか…昔、そこに何があったのかを想像してみれば、そう思えるかもしれない。 

コンポスト作りを体験してみると、いかに自然の法則を無視した日常を送っているのかに気づく。汚いもの、都合の悪いものをただ見えないところに押しやるのは野蛮な行為だと思う。ブログ記事「ロンドン帝国の残した負の遺産」bokudeki.me/essay/mainessay/306/

「やめさせる」より「もっと選択肢を用意する」方が大事だと思う。

■「ぺしゃんこ楽しい」中2、線路に自転車置く
(読売新聞 – 10月19日 13:19)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1378289&media_id=20

以前、青少年の万引きのニュースでも書いたけど、大人たちが一方的に犯罪を「やめさせる」だけだったら、それは「子供たちの選択肢を奪うこと」でしかないと思う。

まず、子供たちがこのニュースのような行為を「選択する」のは何故か?を考える必要があると思う。
そうすると、僕たち大人たちが、彼らの選択肢を恐ろしく狭めている可能性が見えてくるかもしれない。

それが本当だとしたら、このニュースの少年にその行為をやめさせるということは、選択肢を奪い続けて来た上に、さらに選択肢を奪うことにならないだろうか。

そうではなくて、僕たち大人は、子供たちのために、出来るだけ沢山の選択肢を提供出来るよう努力し、その中で出来るだけ好ましい選択をしてくれるように働きかけ続けべきだと思う。

「土を踏んで育つ」という選択肢

子供にとって環境は極めて重要だと思う。「自然の中で育つ」ということは、自然を相手に実験を繰り返し、体験を通してその法則を学ぶことだと思った。

都会では、この体験のプロセスをすっ飛ばし、頭で理解しただけで自然の法則を理解したように錯覚しがちになるかもしれない。

最近、新潟の片田舎で育った人の話をよく聞くんだけど、彼は自然の中であらゆる限りの無茶をしてきたようだ。自分の中で全く発想出来なかったことばかり。

例えば、稲刈りが終わって、残った稲を燃やしている時に、自転車でその炎の中に突入してみたり…ママチャリだと、稲が車輪に絡まって進まなくなって、炎の中で少し燃えたとか…

実は、うちの実家も昔は田んぼで米を作っていて、残った稲を燃やしていたことを思い出した。さすがに、ママチャリで炎の中に突入するなんて発想は出来なかったけど、そういうことを考えると、田んぼがあるだけでいろいろ出来たな?と思う。

今では、うちの実家の周りでそんな環境は見る影もない。祖母が亡くなってから、またうちの農地が住宅に変わったらしい。最近、土の地面がコンクリートに変わることは、僕たち人間の命を削っているのと同じなんじゃないかと思える。

僕はかろうじて土の地面と豊かな自然の中で幼少期を過ごせたけど、これからの子供たちにはその選択肢はもう無い…僕らは本当に取り返しのつかないことをしてしまっているんじゃないだろうか。

大人たちが悪い

ひったくりで中学生3人逮捕 東京・足立区
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1166987&media_id=88

日記の使い回しですが、ゲーム感覚で万引きをする少年のニュースを読んだ時に書いた日記です。

大人たちが悪い
http://bokudeki.org/archives/1058

全く同じ事が言えると思いました。
僕たち大人は、子供たちに、万引きやひったくりという選択肢よりももっと価値的な選択肢を用意出来るように、社会全体で働きかけないといけないと思います。

アメリカと全く同じだ・・・

時給350円 中国人5女性が訴え
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1002211&media_id=2

今、大学のPoverty in the Urban Communityというクラスで、アメリカの低賃金労働市場のことについて学んでいますが、このニュースを見ると、日本でもほとんど同じことが起こっていると見ていいのかもしれませんね・・・
トイレ休憩も時間外にされ、少しの遅刻や病欠も、首になる理由になるので、労働者は人道的でないプレッシャーの中で作業をせざるを得なくなります。
これは、中国人研修生だけの話ではないと思います。

アメリカや日本のような新自由主義の世界では、こういった悪徳企業の元で低賃金労働する以外に選択肢を持てなくなる人がどんどん増えていきます。
仕事一つでは家庭を支えきれなくなるので、掛け持ちをするようになる。
そして、一度、家族が貧困に陥ると、それは子供に引き継がれるのです。
子供たちが、家の事情のために、将来に希望が持てず、大志を持てなくなるんです。
このこと以上に、将来に重大な悪影響を与えることは無いと思います。

中国人だろうが誰だろうが、仕事をした分の給与はしっかり払われるべきで、こういった訴訟や労働組合の活動は、企業や政治の圧力なしに、自由に行われるべきです。

参考:経済人である前に『人間』であれ! 2007年03月27日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=386058707&owner_id=2247284

ポートランドを再発見




今日は、ポートランドを満喫してきました。
住んでいる街なのに、この街は、ほんといろんな顔を見せてくれます。
住んでてほんと楽しいです。

まず、午前中から、ユージンから友達が来ていて、ポートランドのダウンタウンを自転車で案内してきました。
彼女は、ポートランドのサイクリングイベントに参加しに友達と来ていて、僕は参加しなかったのですが、少し見学に行ってきました。
ポートランドの数々の橋を渡りながらサイクリングするイベントらしく、かなり大々的に道路を封鎖して行われていました。
サイクリストの数が大変なことになっていました。

その後、ポートランドのダウンタウンを自転車で案内した訳ですが、やっぱりポートランドの観光は自転車がベストだと思いました。
自転車なら、ダウンタウンを縦断したり、横断したりするのはいとも簡単です。
行きたいところにすぐ移動できるし、車と違って景色も目で追えるし。
自転車で観光という選択肢があるのはとても幸せなことだと思いました。

夕方からは、地区部長に誘われて、2009 Washington Park Summer Festivalというフリーコンサートに行ってきました。
ちょうど、ルームメイトが仕事休みだったので、ルームメイトも誘いました。
すごく沢山の人が来ていて、みんなすごく楽しんでいました。
子供連れの家族が物凄く多く、こんなに子供が沢山いる空間も、今の時代、学校以外では無いんじゃないかと思うほどでした。

出ていたバンドは、Art Abrams’ Swing Machineというビッグバンドです。
こんな感じでした。(Youtubeにアップした動画です)

相当ノリノリだったので、映像が揺れていて見にくいです。

何よりも嬉しかったのは、子供たちが笑顔ではしゃいでいて、普通に友達になって楽しく踊っていたことですね。
平塚にも、こんな機会を作りたいと切実に思いますね。
子供たちのことを思うと、本当に今の社会構造をどうにかしなきゃって気になってきます。

今日は、ポートランドの良さを再確認した日でした。

TOEFLスクール通い始め

実は、今日からTOEFLスクールに通い始めました。
週1か週2で半年ほど通う予定です。

まだまだ留学を目指すには、英語力が足りません・・・汗

Reading/Listening/Writing/Speakingのパックで、本当なら40万円ほどしますが、国の給付金制度で、あとで15万円ほど返ってきます。

それでも十分高いんですが、今年はやることが恐ろしく多いんで、英語学習にかかる時間をお金で買うようなイメージで、思い切って始めてみました。

これで頑張れば、TOEFLで高得点が狙えるので、エッセー次第で、入学出来る大学の選択肢が広がると思います。

想像を絶するほど厳しい世界らしいですが、アメリカの大学の大学院卒業を目指します。

専攻は、まだ、国際関係・開発学か環境学かで迷っています。

ちなみに、留学については計画がズレまくりですが、2008年9月入学で、2010年9月卒業の予定でいます。

留学の目的については、自分なりに大志を抱いているつもりなんですが、まだぼやけていて、人をがっちり納得させられるような説明が出来ません。

何しろ、目的の一つは、本当の意味で「勉強する」ということを自分の中に取り入れて来たいということです。

何故なら、僕は、一生、勉強し続けたいと思っているからです。

日本にいてそれが出来ないのは、ただ僕が未熟なだけに過ぎないからなんだけど、だからこそ、想像を絶するほど勉強する集団の中に身を置いて、自分の基準を転換していけたらいいなと思っています。

音楽の師匠宅にお邪魔 第2弾

仕事場が戦場と思えるほど過酷で理不尽な状況になり、平日家に帰ったら選択肢が「寝る」しか僕には残されていない日々が続き、かなり弱りきっていたが、この日は、かなり前から予定していた音楽の師匠との再会を果たしてきた。
ここ2週間は生活犠牲にしてまで仕事しているので、用意したDTM環境もほとんど使えず終いで、せめて、曲の一部分だけでも打ち込んで聴いてもらおうと思って、午前中はレコンポーザの数字と格闘した・・・汗
音楽作ってるのに、こんなに数字に惑わされるとは夢にも思わなかった・・・

続きを読む 音楽の師匠宅にお邪魔 第2弾

土手サッカー、CONTACT(S)練習、打ち上げ

 ◇土手サッカー・・・当初の企画チームが中止を宣言してしまっていたので、参加者不足でどうなる事かと思ったけど、計5名集まって、現地でサッカーやってるチームに混ざって何とかプレイできた。
スポクラで体力が付いてきたからか、思い通りに動けるようになってきた。何点も決定的なのを外したけど、それなりに点を決められてちょっとストライカーぶりを発揮した。
この日は、りょうくんが初参戦だったけど、余裕で最年少の割には最初にヘバって途中退場したりしていた。
(参加者:つづきさん、なかむらさん、おんだくん、りょうくん、くりた)
 ◇CONTACT(S)練習・・・既にこの時点で、この日の70%くらいの行動力を使ってしまっていたので、既にもうおねんねしたい気分だった・・・。
りょう君(19才)にダメ出しされた事をうけて、言い訳するつもりもないので、はっきり言ってしまうと、ギター歴10年にも関わらず、僕はギターが下手くそです・・・汗
◇打ち上げ・・・打ち上げ開始時点で、既にオーバーヒート状態で、僕にはほとんど「寝る」しか選択肢が残されていない状態だったが、最初に寝た人がレッチリの刑(脱がされた写真をブログに公開)が未だに続いていて、とりあえずオノっちが寝たのを確認してから寝たけど、結局、何かいろいろといたずらされてたようだった。。。
正直、何のために寝ずに踏ん張ってるのか分からなかったし、 無理して起きてて次の日が潰れるのもバカらしいから、徹夜で飲むのはもういいかなと思った。