「音楽」タグアーカイブ

地域住民による実行委員形式の「第二回 旭南公民館 音楽祭」が開催

2015年11月29日に、第二回 旭南公民館 音楽祭が開催されました。公民館の取り組みとしては珍しい地域住民による実行委員形式の音楽祭です。

完成度の高いものを目指すのですが、それよりも実行委員一人一人や住民の関わりを重視します。

第一回から、専属の司会もいます。

いよいよ開演!

音響機材は見た目だけは本格的!

なかなか本格的です。

プロ並みの圧倒的な歌唱力でした。

Hey Judeが盛り上がりました。

フルバンドの生音での演奏でした。

今年も実行委員長を務めさせて頂いたんですが、今年は実行委員それぞれが役割を果たしてくれ、得に当日は進行がスムーズでほとんど仕事がなく、自分の出番に余裕を持って臨めました。

 

来年もやります!

今から出演グループと実行委員を募集します!

 

日にち:2016年11月27日(日)

場所:旭南公民館(神奈川県平塚市山下1096-1

 

興味のある方はお問い合わせください!

asaminamusic@gmail.com

The Syamisenistのファーストアルバム「Treble」を入手!

平塚出身の三味線奏者のシャミセニストこと寂空さん率いる「THE SYAMISENIST」のファーストアルバムをゲット!彼が地元出身だということがとても嬉しい!

しかも、アルバムの中でもとてもいい味を出してくれたドラムの笹本恭平くんも平塚出身の若手のホープ!さすがのドラムアレンジだった。

今回のアルバム、このYouTubeのダイジェスト版を聞いた時から「これは買いだ!」と思った。

地元びいきがない訳でもないけど、音楽的にも十分にレベルが高く、当然、買う価値はあると感じた。平塚市民プレスの平塚の異色音楽アーティスト特集でも紹介したけど、平塚の音楽シーンはなかなか面白いことになってる!

レコ発ツアーも終盤に入っているみたいだけど、ぜひライブを観てみたいので、ツアーファイナルは遊びに行く予定。

11050221_420341184793870_4172220838137769331_n

金曜夜ですが、興味のある方、ぜひ一緒に行きましょう!

最も成功したフリーライブハウス

ベルマーレの凱旋パレードイベントやサンサンマルシェと重なってなかなか集客が出来なかった(その前に片手間過ぎてまともに宣伝してない)こともあり、なかなか盛り上がりに欠けていた旭南フリーライブハウス。

 

一周年を目前に控えて、もしこのまま片手間でやっても苦痛なだけなら正直やめようかなと思ってたんですが、三月のフリーライブハウスは思いの外、5グループが出演して、初めてまともなイベントっぽく開催出来ました。 出演バンドをツイートした内容で振り返ります。

 

 

今月は、前回から引き続き出演してくれたホーオネアスサウンドと、初出演の中学生や高校生と大人の地域のコラボプロジェクトのK’zが出演してくれました。中学生からおじいちゃんまで、また、30.40代の独身者から既婚者まで集まるかなり多様な場になりました。

 

こういう場が、地域の公共のリソースとリサイクル品を駆使して、あとは音楽という芸術の力を借りれば出来るんだなと思いました。

 

宣伝から機材の準備、出演者のまとめからPAまで片手間に運営を担うのはかなりの負担になるんですが、今回のちょっとした成功の感触でもうちょっと頑張ってみようかなと思いました。

第一回 旭南公民館 音楽祭 〜みんなでつくる・楽しむ・参加する〜

「第一回 旭南公民館 音楽祭」

いよいよ今週末の3連休の最終日に開催されます!

公民館規模では珍しい実行委員会方式での音楽祭で、毎年サブテーマを決めて開催していく予定。

今回のテーマは「みんなでつくる・楽しむ・参加する」
記念すべき第一回は11の出演グループが集まり、琴などの伝統楽器やハーモニカ合奏からポップス、ロックまで幅広いジャンルの演奏が楽しめます!

日時:2014年11月24日(月・祝)
11:00開演/16:00終了予定
場所:旭南公民館 1階大ホール
(平塚市山下1096-1)

11の出演グループとその他の有志で実行委員を組んで計3回の企画打ち合わせを経て本番を迎えます。

筆者が初代実行委員長として打ち合わせなどをファシリテートしてきました。

当日はベルマーレの優勝パレードなどと重なってしまいましたが、皆様のご来場をお待ちしております!

チラシ
旭南音楽祭2014ちらし

【出演】
エーデルワイス(ハワイアン)
唄うカトレア会(カラオケ)
平塚ブルーハワイアンズ(ハワイアン)
山吹の会(琴合奏)
無名の詩人(ラップ、カラオケ)
マリンブルー湘南(ハーモニカ合奏)
サンデーハワイアン(ハワイアン)
daylight(ロック)
万田サタン(クラシック、バラード、ポップス)
Precious(アコースティック、ロック)
ロリ. ポップ(ポップス)

【主催】旭南公民館、音楽祭実行委員会

平塚出身の若手実力派バンド「Pesante」の単独ライブ@ラゾーナ川崎プラザソルが決定!

10649798_328063607354962_150358074612998530_n 10702190_328063624021627_6966074883651126779_n

平塚の異色音楽アーティスト特集でも紹介した通り、平塚には意外と面白い音楽アーティストが沢山います。

その中でも特に若手で将来が楽しみなのが、実力派インストゥルメンタルバンド「Pesante」!

主要メンバーである笹本兄弟とベースの川口くんは、様々な音楽を経験し昇華しながら、若手でありながらも既に新しい次元の音楽を創りあげているように感じてます。

単独ライブはシリーズ化されていて今回で4回目ということですが、今回はメンバーにサックスの日下育美さんを加え、その他6名のゲストを迎えての本格的なホールコンサートになるとのことです。

Pesanteは、今年4月にデレク・トラックス・バンドの一員として2010年にグラミー賞を受賞したドラマー”Yonrico Scott”さんの来日公演もサポートしましたが、そのScottさんも見守る注目のライブです!

 

【Pesante Live in Plazasol】

メンバー
Drums 笹本 恭平
Guitar 笹本健介
Bass 川口徹
ゲスト
Electone 楠田しおり
Saxophone 日下育美
Saxophone 倉野宏樹
Saxophone 笹本真由
Violin 大川唯
Violin 伊藤萌

日時
10月10日(金)
開場:19:00
開演:19:30

場所
ラゾーナ川崎プラザソル
(ラゾーナ川崎プラザ5F)

チケット
前売り/当日 ¥3,000
(出演者に申し込み)

主催
オータム・ソル・フェスタ 2014実行委員会

協力
株式会社H&Bスタッフ
株式会社ライトハウスリミテッド
29 TWENTY NINE
川崎インキュベーター

チケット取り扱い
出演者へ申し込み。

問い合わせ
29 TWENTY NINE
TEL 03-3440-2905
月~金
11:00~19:00
土・日・祝
12:00~19:00
(プラザソルへのお問い合わせはご遠慮願います。)

旭南公民館「第一回音楽祭(仮)」出演グループ&実行委員募集!

筆者の住む旭南地区の公民館で、公民館事業として今年11月に音楽祭を開催することになりました。

日時:2014年11月24日(月・祝)
場所:旭南公民館(神奈川県平塚市山下1096−1)
対象:旭南公民館、旭南地区で活動している音楽団体、部活動等で原則、実行委員会に1名以上出席できる団体(※旭南地区にお住まいの方が1人以上いれば出演可。音楽のジャンルは不問)
申し込み:旭南公民館にある「出演申込書」に必要事項を記入の上、8月31日(日) までに

公民館事業チラシ案

これは、筆者が中心となって定期開催している旭南フリーライブハウスなどの活動に公民館の主事が興味を持ち、打ち合わせの上に決定されたもの。公民館の規模でこういった住民参加の音楽祭を企画・運営しているところは市内では前例がないとのことでした。

8月5日時点で既に4組の出演グループと、2名の実行委員が登録していて、何と司会を立候補してる方も出ているらしく、公民館の主事もあまりの反響に驚いてました。さらに会長のバンドを含むもう3組が登録を準備していますが、もちろんまだまだ募集中です。

出演にはグループ内に一人以上は旭南地区内在住者が必要など縛りがありますが、申し込みは8月いっぱいなのでご検討はお早めに!

問い合わせ:
0463-31-2255(旭南公民館)
asaminamusic@gmail.com(旭南音楽振興会)

平塚の音楽アーティストのホープ二人による共演が実現!!!

平塚にもすごい音楽アーティストはけっこういて、個人的に特に注目していた2人が共演していました!

まずはこの2つのYoutube映像をご覧ください。(特に2つ目の映像)


一人目は、国内外に彼のギタープレイを真似してyoutubeにアップするフォロワーがいる超絶ギタリストのokapiさん。(公式サイトはこちら
今月、上村叶恵さんとのユニット「ハマルスピカ」でニューアルバム「風車〜kaza-guruma〜」をリリースしました。
okapiさんから直接CDを買えば、直筆サインをもらえますよ!

二人目は、若手実力派インストゥルメンタルトリオバンドPesanteを率いる笹本恭平さん。
昭和音大の大学生でありながら、4月に、デレク・トラックス・バンドの一員として2010年にグラミー賞を受賞したドラマー”Yonrico Scott”さんの来日をサポートし、前座を務めた経歴を持つ。

この二人については、以前、下記の特集で紹介したことがありました。

平塚の異色音楽アーティスト特集 hiratsuka.civicpress.net/people/4866/

この二人が共演したらすさまじいだろうなとずっと思ってたんですが、やっぱり鳥肌ものでした!

平塚フィルハーモニー管弦楽団の練習がただで観れる!

今月22日(日)に市民センターにて定期演奏会を行う平塚フィルハーモニー。
(イベント紹介ページはこちら

本番はもちろん入場にお金がかかるのですが、実は彼らのプレイをただで観る方法があります。

旭南公民館(勝原小学校、山下小学校通学区域)に限り、平塚フィルハーモニーの公開練習がただで観れます。
同公民館の大ホールにて公開練習が行われるのですが、変わっている点は、演奏者は広い観客席を占拠し、聴衆はステージ上から鑑賞します。
筆者は先月の公開練習に参加したのですが、練習とはいえ、かなり迫力のある演奏を堪能できました。

平塚フィルハーモニー管弦楽団の公開練習@旭南公民館の今後の日程は以下の通りです。

6/15(日)
7/27(日)
8/17(日)
9/21(日)
10/19(日)
11/23(日)
12/21(日)
(いずれも18:00〜20:30)

筆者は出来る限り足を運ぼうと思ってます。

平塚フィルハーモニー管弦楽団
公式サイト : orchestra.musicinfo.co.jp/~hiraphil/

以下は公式サイトより管弦楽団の紹介分の引用です。

平塚フィルハーモニー管弦楽団は平成3年に結成され、以来、年2回の自主公演をはじめ「第九」や「はじめてのオーケストラ」といった平塚市まちづくり振興財団のコンサート、また市内小中学校への出張コンサートなどの幅広い活動を積極的に行なっています。

旭南フリーライブハウス

公民館のホールに中古・ジャンク機材を持ち込むからこそ出来る、出演も入場も無料のライブハウス!!
バンドの練習感覚で参加でき、身近なところで音楽の生演奏に触れることが出来るイベントです!

旭南地区(万田、山下、高村)に住む千葉と栗田が中心となり、平塚周辺のハードオフなどのリサイクルショップを巡り、中古・ジャンク機材を格安価格でかき集めた。
旭南公民館での数回のサウンドチェックを経て、2014年4月より月例のフリーライブハウスイベントを開始。

機材の一例

TAMAドラムセット(ジャンク扱いで15000円ほど)
1969258_10203392273436577_1901197590_n

Rolandギターアンプ(ジャンク扱いで2000円ほど)
1939836_10203392273316574_1847112542_n

旭南公民館の大ホールのステージ
1977395_10203392275036617_1291054728_n

ドラムセットから観客席の眺め
1888758_10203392288596956_1977446094_n

現在決まっているライブハウス予定は…
2014年5月25日(日)
2014年6月29日(日)
時間:14:00開場、14:30開演

フライヤーはこんな感じ。
10320442_772267439458299_1613871752900485355_n

出演申込み・お問い合わせは
旭南音楽振興会 栗田
asaminamusic@gmail.com
まで!

ドキュメント「鎮魂の線香花火」2013@第二回ひらつな祭

東日本大震災の犠牲者への追悼・鎮魂、復興への祈りを込め、第二回ひらつな祭の第二部の中で「鎮魂の線香花火」が行われました。

舞台は、平塚駅から大門通りを通って歩いて行ける平塚八幡宮の境内。

筆者は会場担当の一人としてスタッフ参加。

市民プレスの記者としてフル参加は出来なかったけど、僕が取材出来た範囲でイベントの模様をお伝えしたいと思います。

30m遠くから見ても分かる川口さん家族の独創的な自転車ライフ…平塚八幡宮に向かうところで。夫妻でスタッフ参加です。
[singlepic id=195 w=320 h=240 float=none]

準備が着々と進んでいます。
[singlepic id=197 w=320 h=240 float=none]

準備中に早速、義援金を頂きました。受付担当の小村さんが対応。
[singlepic id=198 w=320 h=240 float=none]

森崎ヨッシーさん率いる会場担当の最終打ち合わせ。筆者もこのグループに所属。
[singlepic id=199 w=320 h=240 float=none]

竹ランタンの配置など、森崎さんがリーダーシップを発揮。

漁師鍋の準備も着々

フライヤーやウェブサイトなどのデザインも手がけた熊沢さんも応援に駆けつけてくれました。
[singlepic id=204 w=320 h=240 float=none]

全体の責任者の水嶋さんとMCの川口さん(とその娘さん)
[singlepic id=196 w=320 h=240 float=none]

来場者がどのくらいあるのか全く読めなかったんですが、大分来始めました。
[singlepic id=205 w=320 h=240 float=none]

[singlepic id=206 w=320 h=240 float=none]

参道に備えられた竹ランタン。
[singlepic id=215 w=320 h=240 float=none]

音楽で会場を盛り上げてくれたミュージシャンの高橋ようへいさん。
[singlepic id=209 w=320 h=240 float=none]

Revolutionsの高橋くん、泣いてるみたいだけど本気?それとも演技…?
[singlepic id=221 w=320 h=240 float=none]

復興への願いを込め
[singlepic id=212 w=320 h=240 float=none]
[singlepic id=211 w=320 h=240 float=none]

竹ランタンに火を点そうとノリさんと小西くんが共同作業
[singlepic id=218 w=320 h=240 float=none]

心の唄バンドのライブを終え、続けて締めのスピーチも行った木谷さん
[singlepic id=224 w=320 h=240 float=none]

余った線香花火で第二回ひらつな祭を締めくくった神大のコミクリ。
[singlepic id=226 w=320 h=240 float=none]