またドキュメント’03という番組で衝撃的な話がやっていた。
若い女性の間で起こっているリストカット症候群についてだ。
僕にはとうてい信じられない話だけど、彼女達は「生きる手段」として手首を切るんだという。
だから、自殺したいから切るんではない。
苦しくて、苦しくて、どうしようもない時、生きる為に手首を切るんだという。
中には切断面が神経まで達して手首が曲がらなくなっている人もいた・・・
腕の同じ場所を何度も切りつけた事によって、その部分だけ晴れ上がっている人もいた・・・
僕には痛々しくて見てられなかった・・・

五木寛之の「大河の一滴」を最近になって読んだんだけど、それによると、自殺者は日本だけで年間約2万3千人いるらしい・・・
北アイルランドで50年ほど続いている紛争でも5000人しか亡くなっていないらしい。(しかってのはおかしいけど・・・)
危険な中の「50年で5000人」と、平和な中の「1年で23000人」てどうすれば説明がつくんだろうか・・・
また、バブルの時には、着実に自殺者が増えて行き、バブルがはじけて景気が悪くなったら自殺者が減ったらしい。
で、また景気が上向いてきたらまた自殺者が増える傾向にあるらしい・・・
裕福になればなるほど、自殺したくなるなんて、そんなことほんとにあるんだろうか。
それに日本の小学生に「自殺をしたいと思った事があるか?」ってアンケートをとったら、
その中の30%(くらいだったと思う・・・)が「ある」と答えたらしい・・・
「今」という時代は、小学生の時点で、生きる目的がないと感じさせる世の中なんだなと思うと悲しくなった。。。
リストカットするようになった理由には、受験勉強の重圧や親からの虐待などさまざまだった。
実は、僕の身近にも手首を切ったことある女性がいる。
確かに、死ぬ気で切ったんじゃなくて、こんなに苦しんでいるんだっていうメッセージを送ってるんだと感じた。
その時は、半端な気持ちでほんとに自殺なんて出来るはずないと思ってたから、
残酷にも「死ぬ気はないんだな」ってだけで、僕は深刻には受け止めなかった。
カメラの前で何も隠さず語る彼女達の姿には強ささえ僕には感じられた。
彼女達は、のほほんと生きている僕らとは比べ物にもならないくらい深く物事を捉えて、その結論が「手首を切る」という事なんだろう。
僕には、その過程を説明することは出来ない。
僕には、たぶん彼女達の苦しみの深さも分かる事が出来ない。
とにかく、その苦しみがどこから来ているのかその根源を突き止め、元から変えていかないと解決しない問題だという事を知った。
2003/11/24 20:29:50