英会話の勉強で、English Zoneという英会話学習向けの雑誌を買いに、町田のLIBROに行った。
英会話の先生に、ここに売ってる事は聞いてたけど、どこにあるのか分らなくってかなり探し回った・・・汗
何とか見つけて、何月号買おうかなって悩んでたら、吉井怜さんの闘病についての特集が載っているものがあった!
何て偶然なんだ・・・と思って、これっきゃない!と思ってそれを買った。
家に帰ってその記事を読んでみた。
知らない単語が多くてかなり苦戦したけど、おおまかな話は知っていたから、分らない単語はなるべく想像で読み飛ばしながら何とか読みきれた。

外国語っていう壁があるけど、そんなのも乗り越えて、彼女の気持ちが痛いほど伝わってきた。
 病気を乗り切って克服した事に感謝した事。
 「自分を大切にする」っていう事の本当の意味を知った事。
 自分の「使命」を感じた事。
病気って、なりたいと思って、なる人はまずいないと思う。
でも、たまたまなったにしろ、病気になって感謝する事も出来るんだ。
「自分を大切にする」ってどういう事だろう?
僕は、必ずしもそれは目に見えるものではないと思う。
西洋医学と東洋医学となら、真に人を大事にしているのは東洋医学だと僕は思う。
外見を作りかえるより、内からきれいになった方が本当に美しくなれて本当に自分が好きになれると思う。
本当に自分が好きで、本当に自分を大事にするようになれば病気になんてならないと思う。
今の時代って、「使命」って言葉はほんとに聞かない言葉だと思う。
「使命」なんて言葉とは程遠い生活を僕等は送っていると思う。
でも最近、僕は思う。
「使命」ってものを意識したときに、「自分」ってものが見えてきて、「本当の自分の生き方」が形になるんだって。
それに気付く為には、苦しいことにも辛いことにも向かっていかなきゃいけないと思う。
こんなの奇麗事に感じるかもしれないけど、これは奇麗事でも何でもなく、人間なら一生かかってでも見つけなければならない真実だと僕は信じている。
だって、吉井怜さんみたいに、こんな見える形で実践している素晴らしい人がいるのだから!