人間にとって、「睡眠」は必須だ。
一日のうちの一定の時間は、誰もがこの作業をしている。
その時間は個人差があって、毎日3時間の睡眠で日常の作業を難なくこなせる人もいれば、8時間寝ても常に眠いという人もいる。
一日のうちに「すべき作業」や「したい作業」が多い人ほど、無意識のうちにでも、この時間を削る努力をしてると思う。
聞くところによると、ナポレオンなど、過去、歴史に残った人物の多くは、睡眠時間が少ない傾向があったらしい。(金日成も3時間くらいらしいが・・・)
明石家さんまは、いつもあんなに頭がフル回転してるのに、睡眠時間は、仕事の合間のちょっとした仮眠くらいらしい・・・(恐るべし)
そのちょっとした仮眠で、もしかしたら、常人の睡眠時間以上の効果を得ているのかもしれない。

睡眠には、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)があり、寝ている間はそれを絶えず繰り返している。
その周期や、深さには個人差があるけど、訓練次第で、誰でも、ある程度それらをコントロールし、睡眠時間を減らせるという事をTVで見た。
要は、体を無理やりその状態に慣らすという事なんだけど・・・
何年もその状態を持続させた人の睡眠の傾向は、普通の人より、深い眠りの時間が多く、結果的に効率が良くて、普通の人より良く眠れたという結果になっていたという。
一時期、僕もかなり頑張ったけど、長くは続かなかった。
その後、どうでも良いやと思って、ノープランで、寝る時間、起きる時間に微妙な不規則さを持ちつつ、しかも時間のある限り寝てたんだけど、いくら時間をかけて寝ても、まだ寝たりないなっていう事をずっと感じていた。
でも、例えば、明日どうしても外せない予定があるという場合に、それを完全に自覚して眠りにつけば、どんなに睡眠時間が短くても、ほとんどの場合、その予定時刻近くに自動的に起きれる場合が多かった。(又は、その時刻付近にちょうど眠りが浅くなり、目覚まし時計の音ですっと起きれる)
それも、体感的には、いつもより良く寝れた気がする。
まるで、体が、起きる時刻を見込んで、睡眠の深さをコントロールしたかのように・・・
最近、早起きして、Larry King Liveの放送を見るようになってから、毎日時間通り起きるという事が自分の中でマストな状態になった。
それからというもの、結構夜更かししても、必ず時刻付近で眠りが浅くなり、時には、目覚ましなしで起きれるようにもなった。
しかも、眠りが浅くなる前に見ていた夢は何も覚えていないので、かなり深い眠りなのだろう。
で、結局のところ、単純に睡眠時間を削ったから眠い事は眠いんだけど、頭の中がクリアでシャープな時が以前より増えたし、眠いけど起きていられるくらいだし問題は今のところ起きていない。
何しろ、寝たい時にすっと寝れるようになったってのは僕の中でかなりでかい。
人間って、もしかしたら、強い意志を持って、起きる時間を体に刻んで寝れば、睡眠をうまくコントロール出来るのかもしれない。(ある程度訓練が必要と思うけど。。。)
もし、それが本当だとしたら、一日のうちの何時間かは、フリーな時間が増えるっていう夢のような話だ。
これらの事が科学的に証明されてるのかどうかは良く知らないけど、僕が実は宇宙人とかだったりしなければ、誰でもある程度の効果は出せそうな気がする。