今、花菜ガーデンで秋バラのローズフェスティバルが開催中です。11月30日まで。今日(2012年10月4日)、30分くらいしか時間がなかったのですが、天気が良かったので、急いで行ってきました。

picisto-20131008220952-568072

「花菜ガーデンって何?」って人もいると思うので、Roseum.netさんの説明文を拝借。

花だけでなく、園芸や農業を楽しみながら学べる「みんなの庭(ガーデン)」として、平成22年3月1日にオープンした「神奈川県立 花と緑のふれあいセン ター“花菜ガーデン”」。敷地面積9万2000平方メートル、横浜スタジアムの約3.5倍の広大なスペースに、サクラやバラ、クレマチス、モミジなど約 3250品種の花や草木が植えられている「フラワーゾーン」、野菜や果物が植えられ、菜園や田んぼで農業体験もできる「アグリゾーン」、農業や食の大切さ を学べる体験ルームや実験室、展示室やライブラリーが並ぶ「めぐみの研究棟ゾーン」の3つのエリアがあります。

バラは平塚の名物の一つです。花菜ガーデンも、「バラの轍」というゾーンが人気ゾーンのようです。バラといえば5月頃に咲く花というイメージがありますが、秋のバラもきれいです。

みなさんも、ローズフェスティバル期間中に花菜ガーデンを訪れてみてください!結構、来場者がたくさんいました。

picisto-20131008215103-373773

今日、行ったついでに年間パスポートを買っちゃいました。購入日から一年間、入場し放題で2000円ポッキリ!通常は、大人で一回あたり500円かかります。1年間で4回行けば元がとれちゃいます。平塚しってもらい隊さんのページのパクリなんですが、今月から月に一回ずつ花菜ガーデンを訪れて、楽しみつつ取材してフォト・ジャーナリズムでもして行こうと思ってます。

もしかしたら、花菜ガーデンに対して「また無駄なモノを作った」と感じる人がいるかもしれませんが、作っちゃったものはもう仕方ない!それを活かすか殺すかは市民次第だと思いますので、平塚市民プレスとしては、どうやったら活かせるのかを考えて行けたらいいな〜と思ってます。