今更ながらですが、013.3.14木~19火にスタジオクーカによる地元初の企画展がひらつか市民プラザで開催されました。
その名も、「スタジオクーカでございます!:スタジオクーカの愉快でシュールな世界展。」
スタジオクーカは、「知的・精神にハンディキャップを持った人たちが、その人のやりたいこと・得意なことで収入を得るために、自由で活発な創作活動を行える場所が必要だ」という考えのもと2009年9月に設立した福祉施設です。(詳細→スタジオクーカについて
タイトル通り、とても愉快で独創性のある、まるで別世界に来たような楽しい空間でした。
まずは、その愉快でシュールな世界観をご覧下さい。(ほんの一部ですが)
DSC01903
スタジオクーカが市民プラザをジャック!
DSC01883
いつもは殺風景な市民プラザにカラフルな鯉のぼりが…
DSC01882
どのアートも自由で迷いがない!
IMG_2028
実演してたみたいです
DSC01877
室内に小屋が出来てる…
DSC01878
にらめっこもアートの一部!
DSC01886
所狭しと並ぶアート
DSC01885
こんなのもあるんですね!
DSC01891
企画展開催中も作品が続々と生まれてました
DSC01887
アーティストの小西さんとその作品。逆行で見えにくいですが…
DSC01892
小屋の中はこんな感じ

DSC01890

発想が自由でいいですね!
DSC01909
アーティストの瀬下さんとその作品
DSC01906
アーティストの一名さんとその作品
DSC01894
箱は箱でも違いますね!
DSC01893
一番目立っていたカラフルな鯉のぼりの作者
DSC01896
アーティストの横溝さんの作品。
DSC01897
横溝さんの紙芝居集。
DSC01902
横溝さん本人による紙芝居の実演。
DSC01913
紙芝居の会場は満席でした。
DSC01879
これもよく出来てました
IMG_2029
人形劇の人形もみんなで手分けして作ったんですね!
この企画展、とにかく居心地が良かったです!
その自由で何でもありなアートを見てると、前に住んでいたオレゴン州ポートランドを思い出しました。
ポートランドではアートがもの凄く盛んで、よくこういう企画展に行ってました。日本でも、アートが日常生活の中に当たり前のように存在するような環境になって欲しいと思います。
その意味でも、スタジオクーカの方々を今後も応援していきたいです!