僕の地元・平塚の都市計画を考える上で、大学のクラスで使ったテキスト(Native to Nowhere; Sustaining Home and Community in a Global Age)を読み返しています。

特に、「偉大なコミュニティのもっとも重要な特性(もしくは、性質)のいくつか」(P23)として紹介されていた下記の8つの指標からはじめるのがいいかなと思い、僕なりに翻訳してしみました。(「?せよ」という表現は硬いと思ったので、「?すべし」という表現を使ってみました)

みなさんも、それぞれの地域での都市計画を考える上での参考にしてみてください!

1. Recognizes and enphasizes the unique qualities of the community; values complexity, richness, and layering of history, environment, and architecture; strengthens, nurtures, and highlights this diversity and distinctiveness.

2. Understands the natural environments, ecosystems, and landscapes in which the community is situated, and strives to protect, nurture, and restore them (even in dense cities) and to bring nature into intimate contact with residents.

3. Understands and celebrates its unique histories of both built and natural environments; makes these histories visible and alive and prescient to inhabitants.

4. Fosters artistic impulses to build unique community character and instills a sense of ownership in those who create and enjoy the art.

5. Seeks to emphasize locally owned businesses and products, and seeks to harness local entrepreneurship and ingenuity in the solving of local problems(while not disconneted from the global marketplace).

6. Values and encourages engagement and participation; works to replace individual passivity and apathy with active concern and engagement.

7. Is designed to facilitate active lives and lifestiles, foster social interaction and development of deep community and interpersonal ties and commitments, and minimize dependence on the automobile.

8. Strives for social inclusiveness and revels in and nurtures diversity of many kinds, including ethnic, age, gender, and income.

1. コミュニティの独自性を認識し、強調すべし;複雑さ、豊富さ、そして、歴史、環境、建築の階層化を尊重すべし;多様性と独自性を強化し、育み、強調すべし。

2. コミュニティの中にある自然環境、生態系、景観を理解すべし、そして、それらを守り、育み、取り戻す(過密都市においても)ことに勤め、住人と自然との親密な接触をもたらすべし。

3. 市街地と自然環境の両方の独特の歴史を理解し、祝福すべし;これらの歴史を視覚化し、活かし、住民を刺激すべし。

4. 独自のコミュニティの特徴を打ちたてるために芸術的な衝動を育成し、芸術を創造し楽しむ者たちの間で所有権の感覚を持たせよ。

5. 地元ベースのビジネスや製品を強化する手段を追求し、地元の企業家精神と地元の問題を解決するための創意を生かす方法を模索すべし(グローバル市場から切り離されていない間は)。

6. 従事と参加を重視し促進すべし;個人の消極性と無関心を、生きた懸念と従事に転換出来るよう取り組むべし。

7. 生きた生活と生活スタイルを促進するようにデザインし、深遠なコミュニティの開発と社会的な触れ合い、そして、人間関係のつながりと義務を促進すべし。

8. 社会的な包括性のために勤め、民族性、年齢、性別、そして、収入を含む種々の多様性を大いに楽しみ、育むべし。