この議論は、自分でも、紙一重の危うさがあるような議論を醸し出すテーマだと思いました。
まぁ、議論と言っても僕の頭の中で考えたことなので、いろいろみなさんの意見を聞いてみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
死刑の是非は置いておいて、僕はこの決断をした市民の裁判員の方がたの勇気と経験を賞賛したいです。 「横浜2人殺害:初の死刑判決 裁判員、重い決断」http://bit.ly/oxr7C

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
司法の場で、僕たち市民の一員が、果てしない葛藤の中、ここまで重い決断をしたということは、日本の歴史の新たな1ページを開くくらいの大きな出来事ではないでしょうか。 司法だけじゃなくて、行政・立法にもどんどん参加して影響を及ぼしちゃいましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕は、基本的に「死刑」には反対だけど、たとえ結果的に死刑判決に加担したことになったとしても、それが果てしない葛藤と苦悩の中での「市民の決断」であったということを評価したいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
死刑制度にはずっと反対だったけど、今日、場合によってはその制度が価値を生む可能性を垣間みた。それは、ただ僕の想像力が足りなかっただけなんだ。そういう時は、頑に信念を貫き通すより、柔軟に考えを改めるようにしたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
死刑制度があったとしても、それを選択することのない社会をつくればいい話なのかもしれない。僕たちの働きかけ次第で何とかなる話のはずだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「死刑反対!」と言うだけで、無期懲役にしてそれ以上何もしないというのが一番良くないと思う。 僕たちはその悪人たちを更正させる覚悟を持たなければならないと思う。 果てしない根気と忍耐が必要だとしても… だから、「死刑反対!」なんて軽々しく言えることでもないと思うんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
死刑制度の是非は、その凶悪犯罪者をどう価値を生み出し始める軌道に乗せるかにかかっていると思う。僕らが彼らを本当に無価値のままにしておくなら、いっそのこと死刑にしてしまった方がいいのかも。だから、これは、「彼ら」の問題というより、「僕ら」の問題のはずなんだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「死刑制度」の必要性を生んでいるのは、凶悪犯罪者のせいというよりは、実は同じコミュニティの中で無関心でいる僕たちの責任なんじゃないかという仮説を立ててみた。