Best I Can -僕に出来ること-

「だれでも出来る」を体現!

「Realization」の記事一覧

「選択の質」について

先日、BLOGOSにて投稿されていた「選択肢が多過ぎる現代社会は不幸でもある」 http://blogos.com/article/53634/(筆者:佐別当隆志/ ITmedia オルタナティブ・ブログ)という興味深い […]

対話の能力は、質問の質による

対立する意見を持つ二人が議論をしていて、最初はお互いアイデアに対して批判をしていたのに、いつの間にかお互いに人格を否定し合うような険悪なムードになることがあると思う。もはや、アイデアに対してというより、相手が気に食わない […]

「プライド」についての関連ツイート

僕たちは、多かれ少なかれ、他人から分析されることに抵抗感を持つものだと思う。僕にもある。抵抗感が強い人は、プライドが高い割に自信が無い人なのかもしれない。  「プライド」って「見栄」にも十分なり得るな。プライドを持つこと […]

「神」とは「働き」に過ぎない

確かに、キリスト教と仏法では、得に「神」というものに対して大きく教えが違う。キリスト教ではキリスト自体が絶対的な神となっているけど、仏法でいう神(諸天善人)とは「働き」に過ぎず、仏の生命を宿している僕たち人間(仏)が、神 […]

子どもが感受性を豊かにするために必要なこと

個人的には、子どもより大人の方が感受性が豊かっていうのは信じられない。もちろん、場合によるだろうけど、子どもはビーチの波打ち際とか、街中の噴水のアトラクションで何時間でも遊べるもんだと思う。大人だと何とも思わないことに何 […]

手の内をあえて見せることによって進化する

手の内をあえて見せることによって進化する人もいる。  専売特許とかにせずに、自分たちのアイデアや技術をあえて公開し、会議の内容なんかもウェブ上でリアルタイムで公開しちゃったり。先頭を突っ走っていくには、他人や他のグループ […]

「本当の幸せ」って?

「本当の幸せ」ってどのレベルの幸せのことを言うんだろう?現代を生きる僕たちはかつてない程物質的に恵まれ、幸せだと感じる人も多いと思う。だけど、それが本当に幸せだと言えるだろうか?  別の幸せの形や可能性を知らなくても、今 […]

爽やかな笑いが好き

個人的には、「爽やかな笑い」が好き。個人的な基準では、他人をコケにして自分の優越感を得ようとする笑いは爽やかではない。自虐的なネタはありで、自分の天然•意味不明ネタもあり。他人も含めるなら、「自分たち」のことでみんなで笑 […]

裕福であることはチャレンジでもある

この間、久しぶりに母親と電話で話したけど、不況で仕事が無くて、弟が会社を近々やめるらしい。うちのマンションや土地の管理会社を今は母親が経営してるんだけど、母親が定年になったら弟に経営を任せるとのこと。僕に任せてくれれば楽 […]

他人が力を発揮するための助けになること

昨晩のうちのアパートで行われたビデオゲームナイトの写真(ゲームだけでなく、タレントショウやチェスなども行われた) タレント•ショウは最高だった。意外とみんなそれぞれ何かしらタレントを持ってるもんなんだよね。そういうのを知 […]

家庭内だけでは解決しない問題

家庭内だけでは解決出来ないことばかりだなって思う。でも、家庭外のサポートが自然に発生しにくい社会になっているなとも思う。  日本では特に、家庭内の問題に対して家庭外のサポートが発生しにくくなっていると思う。街の物理的な構 […]

創価学会の家庭での子育ての難しさ

僕が見てきた範囲だけの話だけど、創価学会員で、信心深いように見える家庭ほど、子供が反発したり、無気力になったりしているような気がする。一時的なもので、結果的に立派に育つ場合も多いけど、この関連性はあると思う。理由は様々あ […]

「命の重さは同じ」って本当はどういうこと?

昔、「命の重さは同じ」って、本当はどんなことなのかを考えたことがあった。世界の貧しい地域で今にも失われる命と引き換えに死ねばいい?でも、それはただ機械的なだけの平等思想で、本当の人道的な行動とは、自由に動ける僕たちがリス […]