Best I Can -僕に出来ること-

「だれでも出来る」を体現!

「Recommendation」の記事一覧

【読書8】武器としての書く技術 〜30万人に届けて月50万稼ぐ!新しい㊙︎文章術(イケダハヤト著)を読んで

プロブロガーのイケダハヤトさんが自身の経験から惜しみなく伝える現代のブログの㊙︎文章法です。Kindleストアで400円ほどで売っていて、初めてiPhoneで本を読みました。 著者のイケダハヤトさんは、この本を出版した時 […]

【読書5】『監督に期待するな 早稲田ラグビー「フォロワーシップ」の勝利(中竹 竜二著)』を読んで

先週の読書は『監督に期待するな 早稲田ラグビー「フォロワーシップ」の勝利』。 前々からこの本は気になってて、本を読む前から「理想の経営(5-2)ファシリテーション・フォロワーシップによる経営革新」という記事で独自のフォロ […]

【読書3】「日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門」(伊勢崎賢治著)を読んで

この本のタイトルもかなり煽り気味ですが、この本の帯のコメントにはこう書かれていました。 ↓全部、ウソです 「中国、北朝鮮、韓国が日本に戦争を仕掛けてくる」 「イラク戦争で自衛隊に戦死者は出ていない」 「自衛隊を出さないと […]

【読書1】ラスト♪ソング -人生の最期に聴く音楽-

やがて死にゆく人に対して進んでケアしようとするモチベーションって何だろうか? それも血のつながりもなく、元々知り合いでもない他人に対して… 先週から週に一冊のペースで読書キャンペーンを始めている。 最初に読んだ本は、「ラ […]

「レ・ミゼラブル」は、「蘇生」の物語の王道

とても評判がいいので、映画「レ・ミゼラブル」を観てきました。噂通り、素晴らしい出来でした! 映画の壮大な舞台に、洗練されたミュージカルを持ち込んだ、いい とこ取りの映画でした。昔の映画の方がベターなことが多いのですが、こ […]

映画「未来を生きる君たちへ」

「未来を生きる君たちへ」という映画を観た。デンマークとアフリカが舞台で、学内でのイジメから報復(仕返し)、テロリズム、自殺未遂など、暴力や憎しみを題材として扱いながら、大人たちが変わることによって、子どもたちも蘇生して […]

ジブリ映画「もののけ姫」を観て

ジブリ映画「もののけ姫」は、宮崎駿監督が構想に10年かけた作品だと言われている。「風の谷のナウシカ」の時代では表現しきれなかったものを「もののけ姫」に込めたと聞いた。確かに、いろいろと設定が微妙で、解決が困難な社会問題を […]

映画「ロード•オブ•ウォー」を観て

「Lord of War」という映画を観たんだけど、同種の映画でこれ以上は出来ないと勝手に思っていた「Blood Diamond」に匹敵する素晴らしい映画だった。 映画の大部分は、クライマックスのシンプルで重大なメッセー […]

映画「第9地区」に関する一連のつぶやき

「第9地区」は、新人監督、無名俳優、完全オリジナル脚本など、低予算で製作され、ほとんど当たる要素がないにも関わらず、最終興収1億1500万ドルを超える異例の成功を収めた映画。映画でも住宅設計でも何でもそうだけど、それに関 […]

黒澤映画「生きる」に関する一連のつぶやき

黒澤映画「生きる」を観た。ガン宣告を受けて初めて本当の意味で「生きる」人もいるんだろうな。僕もそうかもしれない。昔からあった教訓なのに、現代を生きる僕たちは生かせていないのかも。役所の構造も、部署間の溝があるという意味で […]

ポニョ!!!

みなさんはもう映画のポニョを見ましたか?日本人の学生グループが上映会をしてくれて、僕は今日やっと見れました。予想していた以上にいい映画だと思いました。正直、DVDが欲しいです。笑 この映画を見終わった時に、何故か、「Di […]