一つ前の日記に書いた通り、今、今学期でどのクラスを履修するか迷っています。
まぁ、何しろ、大学の教育がこんなにも面白いものだと感じられる時が来るとは思いもよらなかったです。
はっきり言って衝撃を受け続けています。
10年前くらいに神奈川大学に通っていた時は、ほんと授業がつまらなくてほとんど勉強した覚えがないんです。。。
何が違うんでしょうね。
こっちの大学の方が教育のレベルが高いというのはあると思いますが、一番決定的に違うのは。僕の中の学問に対するアティトュードだと思います。
今回は、自分でお金を出してでも学びたいと思い、自分で決めて学び始めた分野です。
僕は、この分野に自分の使命を感じています。
同時に、この分野で将来活躍することが自分の夢になりました。
いつしか、自分の「夢」が、自分の「使命」と融合し始めていたように感じます。
僕は、こんなに幸せなことは無いんじゃないかと思うことがあるんです。
だって、「やりたいこと」が「やらなければならないこと」と一緒だったら、我慢も妥協もする必要なく、「やるべきこと」に集中出来るんですから。
「使命」とは、文字通り、それの為に「命を使う」ということです。
これは僕の個人的な見方ですが、「夢」とは、人間がそれぞれで作り上げる個人的な欲望という側面があり、時にそれが使命を自覚しにくくさせると思うんです。
これも個人的な見方ですが、「夢」とは、簡単に言えば「やりたいこと」で、自我から生まれる究極的な欲望の形とも言えると思います。
一方、「使命」とは、簡単に言えば「やるべきこと」で、元々この宇宙に存在する法則そのものなんだと思います。
人それぞれに「使命」が本当にあるとすれば、使命の自覚なき夢は、その人を堕落させるだけなのかもしれません。
やるべきことをやらずに、好きなことだけやっていても、やっぱりうまくいかないものですよね。
人生は、その時その時で、この「夢」と「使命」どちらを取るかのジレンマの連続のような気がします。
果たして、「夢」と「使命」は別物でしかないのでしょうか?
もし、「夢」と「使命」が一体になったらどうなると思いますか?
それはそれは、素晴らしい人生だと思うんです。
そして、それは誰でもどんな状況でも十分に可能なことだと思います。
僕は、まだ自分の使命に気づき始めた段階なので、これから更に突き詰めて行きたいと思っています。
恐らく、その使命が明らかになって形を成していくのに応じて、僕の夢も形を変えていくものだと思います。