「降りてゆく生き方」という映画をご存知ですか?
僕はまだこの映画を見たことないんですが、すごく興味深い映画なんです。

物語
競争社会を生き抜いてきた、団塊世代のヤリ手営業マン:川本五十六(武田鉄矢)が、突如、社会や家族から見捨てられる。その先で、格差社会の狭間で格闘し地方都市再生に取り組む人々との出会いを通して、自らの生き方と日本が抱える問題に、真っ正面から向き合い挑む。まちづくり、環境、農業、祭り、自然との触れ合いの中で、気づき、教えられ、現代の日本人が忘れかけている、「降りてゆく生き方」に出会う物語。
(降りてゆく生き方 東京応援団コミュより)

テーマが「まちづくり」というところで僕が勉強している分野にすごく関連するからというのもあるんですが、僕だけでなくて、現代を生きる誰の生活にも直結するテーマを扱っていると思います。
実際に、この「降りてゆく生き方」というコンセプトは、僕が今大学で学んでいるUrban PlanningやCommunity Developmentの概念と方向性が同じです。

徹底した取材と膨大なリサーチがベースとなり「共同脚本方式」によりつくられた「完全オリジナル脚本」 だそうで、ハリウッド映画のような派手さは全くないと思いますが、身近な範囲で自分の身に置き換えて見れる相当ディープな映画だと思います。

映画を見なくとも、是非とも彼らが作成したこのレポートを読んでほしいです。

ほんとうの「生き方」を求めて
?私たちはなぜ映画「降りてゆく生き方」を、つくらなければならなかったのか?
http://www.nippon-p.org/concept.html

武田鉄也さん主演の割には上映が少ないんですが、今決まっている上映は以下のとおりで、是非ともお近くの方は見に行ってほしいです。

5月9日(土)秦野市文化会館(神奈川県)
6月6日(土)行徳文化ホール|&|(千葉県)
7月12日(日)調布市グリーンホール(東京都)

その他上映も、このページで随時更新されると思います。
http://www.nippon-p.org/mov.html

僕は家族にもこの映画を見に行ってもらえるようにお願いしました。(秦野だったら近いので)
僕らが既にどれだけのものを失ってしまったのかを知るのに良い機会だと思ったからです。

映画を見に行けない人も、是非とも彼らが作成したレポートを読んで頂けたら嬉しいです。

武田鉄矢主演 映画「降りてゆく生き方」シナリオ開発インタビュー#1

武田鉄矢主演 映画「降りてゆく生き方」シナリオ開発インタビュー#2

武田鉄矢主演 映画「降りてゆく生き方」シナリオ開発インタビュー#3