中大教授殺害で元教え子逮捕
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=843997&media_id=2
この事件は、僕の実家の近所の人が引き起こしたようです。
僕にはこの事件が何故起こったのかは正確に把握出来ていませんが、彼が殺人を犯したのは間違いなさそうです。
彼の家は僕の実家のすぐ近くにあります。
だから、彼は僕のご近所コミュニティの一員ということになります。
彼は、自治体という枠でも、僕と同じコミュニティの一員です。(僕は今一時的にアメリカにいますが)
同時に、彼は中央大学に所属していた人間であり、何かしらの企業というコミュニティにも属していたかもしれない。
何より、日本というコミュニティの一員です。
もっと言ってしまえば、彼は、世界というコミュニティの中で、地球で生きる僕たちと運命を共有する一員なんです。
だから、実は、彼は、誰とでも何らかの形で何らかのコミュニティを共有しているということになります。
だけど、このニュースへ反応している人のコメントをざっと見た感じでは、「自分たちのコミュニティの一員が起こした事件」という意識を持ってコメントをしている人は少なかったように思います。
統計を取ってないので、確かなことは言えませんが、こういった意識を持っていない日本人が大多数だとしたら、どうなると思いますか?
僕は、ここから日本の腐敗は始まっていると思うんです。
こういった事件や、人の苦悩や死に無関心でいることほど無慈悲なことはないと思います。
こういうことに対して無関心でいられるということは、都合の悪いことから自分を除外して、勝手に特別な視点に立っているということにも繋がると思うんです。
僕たちは、それでも、自分には何も影響がないと考えてしまうかもしれない。
だけど、実は、そういったことに無関心でいることで、既に損をしていることがたくさんあると思うんです。
それは既に致命的なロスとなっているかもしれない。
こういった一つ一つのことを放置していることによって、どれだけ住みにくい社会になってしまっているか・・・
良く考えれば、いくらでも心当たりがあるはずです。
僕には、彼とはいろんなコミュニティを共有していという意識があります。
だから、この事件の責任の一端は、厳然と僕にもあると思います。
彼の抱えているものを共有できず、彼の能力を活かしきれずに、犯罪者にしてしまった。
実は、これはいくらでも予防できたことだと思うんです。
でも、彼が犯罪者になってしまった時点で、果たして彼の人生は終わりなのか?
それは、これからの僕たちの働きかけにかかっている。
それをしなければ、さらに僕たちは損をし続けることになるでしょう。
実は、これは厳然とした因果の法則であって、人々がその関連性に鈍感になってしまったことから、すべての腐敗が始まっていると思うんです。
どんなに努力したって、この因果の法則から自分を除外することは出来ない。
だから、大事なのは、自分が所属するコミュニティへの意識を正しく持ち、責任を持つこと。
そして、そこに属するメンバーを、仲間外れなくケアし、苦しみや悩みを共有し、共に乗り越えていくという覚悟を持つこと。
どんなに頑張ったって、僕らの住む地球は一つしかない。
その時点で、どんなに自分だけ逃れようとしても、地球に住む人と運命を共有する以外に方法はないんです。
その上で、尚も無関心でい続けて損をし続けるか
それとも、共生の道により、これ以上損をすることを食い止めて、新たな価値を生み出すか。
それはすべて、僕たち一人一人の選択にかかっていると思います。