平塚しってもらい隊

平塚市民のみなさん、「平塚しってもらい隊」(http://hiratsuka-tai.com/)というウェブサイトはご存知ですか?僕は、ほんと最近知って、平塚にも実際にいろんなところに出向いて体験して、平塚のことを紹介している人がいたんだと感激しました。
「平塚しってもらい隊」の理念は「住民目線で、平塚のよいところや悪いところ、おすすめポイント、役に立つ情報等を記し、市内外に向けて発信しよう」というもので、登録されている3人のメンバーが体を動かし、見聞きしたことをサイトで紹介しています。
このサイトの立ち上げ人は「たけこし」さんという人。とても興味があって、今夜、例によってイタリアントマトでお会いしてきました。たけこしさんは、茅ヶ崎出身で、学生時代を平塚で過ごし、市外へ出ていた時もあるが、去年、また平塚に戻ってきていろいろ活動を始めたとのこと。
サイトを立ち上げてから1年くらいのようですが、1年の割にはとても情報量が多くて驚きました。こんなに活動出来る人ってどんなライフスタイルなんだろう、ととても興味があったのですが、たけこしさんはやはり自営業を営んでいるため、時間にある程度は融通が利くとのこと。
人それぞれ、考え方が違うと思うけど、これだけの余裕が持てる生活って実は豊かなんじゃないかと思います。お金が沢山なかったとしても。僕も、お金を沢山稼ぐよりも地元で活動する時間を大事にするためにあえて派遣社員という働き方を選んだので、たけこしさんのライフスタイルに共感が持てました。
たけこしさんは、これだけ平塚に関することを発信して地元に対して意識があるのに、まだ他の平塚の活動家とあまり接点がないようです。とてももったいないと思いました。平塚には、たけこしさんのように意識を持って活動している人が沢山いるはずだけど、お互いに知り合えていないような気がします。
この点、平塚の課題であり、課題をクリアした時には大きな可能性が待っていると感じられる点です。僕は、平塚市民プレスの記者として、たけこしさんにこう打診しました。「市民プレスの記者になりませんか?その代わり、良ければ僕がしってもらい隊のメンバーになります。お互いに、掲載した記事の一部をコピーして載せ合いましょう」と。
一度載せた記事を相手のサイトで再利用するだけならそんなに負担にならないはずだし、それをするだけでお互いのサイトの宣伝になります。個人の実名登録が出来ないのであれば、「平塚しってもらい隊」として団体での参加もありだということも伝えてきました。是非とも、たけこしさんには平塚市民プレスでも活躍してもらいたいと願っています。
平塚市民のみなさん、「平塚しってもらい隊」サイトで平塚のことを学んで身近に感じられるようになることによって、しってもらい隊を応援しましょう!
平塚しってもらい隊
http://hiratsuka-tai.com/