AKBの丸刈り謝罪:問題は他に選択肢を見出させてあげられない大人たち!?

今更感がありますが…
先日、AKB48の峯岸みなみさんの男性スキャンダルが発覚したため、自ら頭を丸坊主にして謝罪するする姿がYoutubeにアップされたことが話題になりました。先の全柔連や 高校の体罰問題の報道もあり、ネット上ではかなり盛り上がってるようです。
僕は主にBLOGOSにアップされた記事を追ってたんですが、AKB48に興味ない人も含めて、かなり物議を醸しました。僕も、AKB48にはほとんど興味はないのですが、この件について思うことがあるので書きたいと思います。
 
正直言って、このニュースを聞いたとき、僕もドン引きしました。
世界の常識はもちろんですが、今の日本の一般常識とも大きな隔たりがある、ある意味トンデモな行為が一部で横行している…あくまで一部のものすごくクローズドな文化なんですが、今や日本のメディアに絶大な影響力があるんです。
AKB48には「恋愛禁止」というルールがあるようなんですが、このルールが熱狂的なファンを惹きつけ続ける原動力のようです。このルールを「人権侵害だ」という風に問題視する人も沢山いました。僕もそれは一理あると思ってます。
プロデューサーの秋元康を頂点とした、ある意味マインドコントロール型の支配構造システムを問題視する人もいました。それも問題なんだと思います。
ファンの人たちが、別のキャラクターの中に無理やり生身の人間を封じ込めることを「お金を払ってるから」という風に正当化してしまうことの危険性を訴える人もいました。それも分かります。
当事者の峯岸みなみさんが被害者面して実は加害者なのでは?という人もいました。「ピンチはチャンス」ということで、世間の目はともかく、これを機に更にファンの熱狂度を高めようという…もしかしたら、それもあるかもしれません。
 
個人的には、一番問題なのは、峯岸みなみさんやファンの方含め、当事者の方たちが他に選択肢を持てない、又は、見いだせないことではないかと思います。
AKB48のメンバーの多くは、「AKBに居続けたい」という想いと「恋愛もしたい」という想いの中で常にジレンマを感じているはずです。少なくとも峯岸さんはそうでしょう。
個人的には、「恋愛禁止」というルールを含めたAKB48のビジネスのシステムはあってもいいとは思います。ただ、「そういうビジネスに群がるしかない」と人々に思わせる社会は健全ではないと思うんです。
「恋愛禁止ルールを撤廃しろ」とか「AKB48なんて辞めてしまえ」とか言うのは簡単です。でも、若者が、それ以外にもやりがいを感じられることや、挑戦したいと思えることが見いだせない社会である以上、結局はどちらにしても解決にはならないのではないでしょうか。
だから、問題の根底にあるのは、僕たち大人たちが若者たちにもっと素晴らしい可能性を見せてあげられていないことなんだと思います。責任の大小はあるかもしれないけど、誰が悪いっていうより、僕たちみんなにとって責任のあること。
僕たち大人一人ひとりが当事者意識を持ては、恐らく、言動や行動は変わります。AKBなんて腐ってるシステムを批判して潰そうとするより、自分たち体を張って別の可能性を体現し、若者たちに示していってあげればいい。
多くの大人たちがそれがしていったときには、AKBのようなシステムは自然消滅しているのではないでしょうか。