やっぱりありました!!!

集約的間伐!!!
ここのページを見ると分かりやすいと思います。

森林所有者の皆様のための情報:施業の集約化情報
http://www.zenmori.org/shihou/naka2.html

以前下記の日記で書いた、理想の林業の形にとても近いです!

林業も始めたい
http://www.bokudeki.info/2008/06/blog-post_23.html

今日の朝日新聞に載っていて、かなり興奮しましたよ。笑

林業を個々ではじめようと思っても、現状ではとても採算が合いませんよね。
現に、日本の林業は以前として壊滅状態です。

それにはいろいろ原因があると思うんですが、主なところだと、
 1.森林の土地を持っているとは言っても、林業を始めるには狭すぎる
 2.外国産の輸入木材が安すぎる

2.に関しては、環境問題への意識の高まりから、森林破壊防止と輸送で発生する莫大なCO2排出への規制などで、徐々に国産の木材への関心が高まってくると思います。

しかし、ことは緊急なので、この流れを出来るだけ早めたい。
そうするとしたら、1.の問題を解決させることだと思うんです。

上で紹介した日記にも書きましたが、うちも、森林の土地を所有しています。
ただ、林業を始めるには狭すぎるし、一家族の努力では到底持続できないでしょう。
そこで行き着いたのが、森林所有者+市民参加のコミュニティ単位での効率の良い戦略的な林業だったんです。

この新聞記事を見て、僕の構想にとても近い、「集約型間伐」という形で既に行われていることが分かりました。
「集約型」というのは、今後のキーワードになるのではないかと思いました。
林業だけではなく、農業も、水産業にも通じますよね。

一般的に見ても、森林所有者にとってニーズがあるということは良く分かりました。
後は、森林所有者や市民を巻き込んで、どこまで集約型で効率よく戦略的に林業を持続させていくのかですね。

なんだかとてもワクワクしてきました。
この新聞記事は父親に見せようと思っています。