ポートランド州立大学に入学して、英語のライティングコースに加えて、レギュラーのクラスを2つ取っています。
そのレギュラークラスのうちの一つが、Introduction to Urban Planningです。
このクラスは、プランニングに関連するテーマの紹介が目的で、基本的に、以下に沿って授業が進んでいます。

 ・プランとは何か?プランニングとは?
 ・何故プランするのか?いつ?
 ・どのようにプランが出来上がるのか?
 ・誰がプランするのか?
 ・どんなことをプランするのか?
 ・プランニングの未来は?

これまでに扱ったテーマは以下の通り。

 ・プランニングの定義(Definition of Planning)
 ・アメリカのプランニングの歴史(Planning History of the United States)
 ・5番目の人口移動(The Fifth Migration)
 ・世界の人口増加(World Population Growth)
 ・識者が選ぶ過去50年と今後50年それぞれでアメリカの都市部へ与えた(る)重大な影響Top10
 ・Future Planning (Forecasting, Future Studies and Visioning etc)
 ・Zoning
 ・財産権(Property Rights)
 ・市民参加(Citizen Participation)
 ・Community Development
 ・Portland Plan
 ・Growth Management / Gentrification / Urban Renewal
 ・Sprawとスラム化
 ・Smart Growth
 ・政治とPlanningにおける倫理について(Politics and Planning Ethics)
 ・交通(Transportation)
 ・渋滞(Trafic Congestion)
 ・自転車(Bicycle)
 ・ハウジング(Housing)
 ・公共のスペース(Open / Public Space)
 ・歴史的保存(Historic Preservation)
 ・Urban Design
 ・生物多様性保護(Preserving Biodiversity)
 ・持続可能な開発(Sustainable Development)
 ・気候変動(Climate Change)
 ・グローバリゼーション(Globalization)
 ・社会的平等(Social Equity)
などなど。

Introductionの段階で、凄まじく広範囲にわたっていますよね・・・汗
しかも、ほとんどのテーマで、Introductionにしては濃すぎると思われる記事を読んで、クイズを2回受けました。
アメリカ人もびっくりな量のリーディング量なんですが、何とか気合でほとんど読みこなしています。

このテーマの中には驚くほど僕の興味のある分野が満載なんで、いやいや勉強しているというより、自分で選んだテーマを自分の意思で学んでいる感覚です。
なんていうか、学校がしたくもない勉強を強要するものだという偏見を今は感じないんです。
本当に学びたい分野だからなんだと思いますが、こういった感覚は初めてです。

今後は、ポートランドとオレゴンに関連するプランニングを集中的に学んでいく予定です。

ちなみに、クイズ意外に、以下の3つの課題があります。
 ・Zoning Assignment
 ・Planning Commission Observation
 ・Journal and Planning Article