とても評判がいいので、映画「レ・ミゼラブル」を観てきました。噂通り、素晴らしい出来でした!
映画の壮大な舞台に、洗練されたミュージカルを持ち込んだ、いい とこ取りの映画でした。昔の映画の方がベターなことが多いのですが、この映画に関しては、昔公開されたバージョンより、圧倒的に今回の方がいいと思いました。
「レ・ミゼラブル」の物語の概要をWikipediaのページから引用します。

1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯が描かれている。作品中ではナポレオン1世没落直後の1815年からルイ18世シャルル10世復古王政時代、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代の最中の1833年までの18年間を描いており、さらに随所でフランス革命、ナポレオンの第一帝政時代と百日天下二月革命とその後勃発した六月暴動の回想・記憶が挿入される。当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活も、物語の背景として詳しく記載されている。
主人公のジャン・ヴァルジャン(そしてジャヴェール)は、犯罪者と言われながらも、後にパリ警察の密偵となったフランソワ・ヴィドックがモデルだと想像される[要出典]。また、マリユスは若き日のユーゴー自身が、コゼットは彼の妻アデール・フーシェと愛人のジュリエット・ドルーエ(Juliette Drouet)がモデルだと言われている[誰によって?]。アンジョルラスは革命の大天使と謳われたルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストがモデルである。
原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」の意味である。

この映画に何故心を打たれるのかというと、それが、一人の人間の「蘇生」の物語の傑作だからだと思います。
以前、変われば変わるほど変わらない人 という日記で、物語としての「適応」「成長」「蘇生」を「次元の違い」で表現してみました。
「適応」の物語は2次元的な範囲でしか動きはなく、「成長」の物語は「適応」の物語より3次元的な奥行きが加わる。
そして、「蘇生」の物語は、4次元的な(?)時間の概念が加わり、ただコンスタントに「成長」するだけではなく、その加速度が半端では無くなる。
「蘇生」の物語は、「適応」の物語よりも「成長」の物語よりも、ダイナミックでドラマティックだと感じます。
ハリウッドのアクション映画とかは、一見、激しくてダイナミックに見えるけど、観た後、一瞬、スカッとしても、一時的なだけで後にほとんど残らないものですよね。
だけど、「蘇生」の物語は、物理的には動きが少ないとしても、人間の内面の善と悪、葛藤や苦悩、心境の変化を表現することによって、観る者にもっと深い部分で訴えかけられるのだと思います。
今の日本は、「空気を読め」という雰囲気から「適応」の物語が多くなって来ているのかもしれませんが、この「レ・ミゼラブル」は、昔の名作だけに、気持ちよいほど「蘇生」の物語の王道を行っていると思いました。
現代の価値観に囚われず、こういった不朽の名作も読んだり観たりしていかなきゃですね。