テーマがコロコロ変わって申し訳ないです・・・

前回の日記で、「エネルギー論的 思想・哲学」としてシリーズ化を予定していたのですが、いろいろとアドバイスを頂き、180度アプローチを変えて、シリーズとかこだわらずに、「【実話】を元に【因果】を学ぶ」ということを主眼に置いた日記を書いて行こうと思いました。

何故、こういった趣旨の日記を書こうかと思ったかというと、僕が展開しようとしていた「思想・哲学」には、結論を主張しているだけで、全く「根拠が無い」なと自分で気づいたからです。

この日記の文末に、「エネルギー論的 思想・哲学」の続編で予定していたものを載せておきましたが、確かに熱いのですが、何しろ説得力がない・・・汗

こういうアプローチももちろん必要と思いますが、大きなことを考えすぎて、突っ走っていた、僕の「悪い癖」が出ていた結果ですね。。。

僕の穴だらけの思想・哲学がピンポイントで響いて、自分なりに昇華出来る人は、とっても素直で強い人なんだと思います。(自分でも出来ないと思うので・・・汗)

だから、たとえ大きなことでも、そういうピンポイントでしか響かないような狭い「思想・哲学」より、
小さなことでも、事実をベースに、誰にでも納得できる根拠を持った「因果」の方が、意味があると思いました。

もう一つの理由は、偉人達の名言には、その人の人生の果てしない奥行きがあります。

偉人達の名言集
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1294979

だけど僕にはまだありません。

以上、悔しいけど、それだけです。。。

どんな因果を学ぶかといえば、例えば、このニュース。

ソニー製のリチウムイオン電池パックのリコール(回収・無償交換)問題です。

ソニー、誤算重ね傷広げる ブランドイメージ低下も
http://www.asahi.com/business/update/1025/076.html

今日の朝日新聞に、こう喝破されていました。

最初のリコール 不十分
全部回収 好感持たれず

分かり易いですよね!

この2行だけで、見事に「因果」を物語ってます。

いくらお金を出しても、そこに「誠実さ」が無ければ、理解は得られないのだと思います。

一応、補足として、この一連のニュースは、今というスナップショット的なソニーの歴史です。

僕の家のPCもソニー製ですが、結構古い型で、その頃は多分、そんなに経営状態とか製品の質とか悪くなかったと思います。

で、今後といえば、この一連のニュースを教訓に、どこまで消費者の信頼を取り戻せるかですね。

そんなに重大な因果関係の発見までは導けないかもしれないけど、こういうアプローチだと、すごい説得力があるなぁと個人的に思いました。

本来、僕は、こんな感じで、実話をベースに因果を紹介する日記を書くのが好きでした。

たとえば、以前、こんな感動的に因果を学べる日記を書きました。

アンサンブル
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=222429512&owner_id=2247284

でも、いつしか、傲慢になり始めると、自分を無理やり主張したくなってしまうのです・・・汗

自分なりのちょっとした体験談なんかでもいいと思っています。

僕は、以前、こんな体験をしました。

『激励』が及ぼす精神的な作用
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=207030662&owner_id=2247284

僕の予想では、こういった小さな因果の話をいくつも集めてみんなで共有すれば、革命は起こせなくても、着実にさまざまな状況を良くして行けると思います。

そう思って、みんなで共有できるように、このテーマで、もう一つコミュニティを立ち上げようと思っています。

あ、ちなみに、「エネルギー論的 思想・哲学」として昨日まで展開しようとしていた内容は、以下のような感じでした。
勢いは素晴らしいけど、裏づけが弱すぎますね・・・汗

==================================

【エネルギー論的 思想・哲学2】

相手の一番良いところを引き出す

「技術」と「努力」と「根気」

一見ぱっとしない人でも、

思いもよらない特技を持ってたりします。

僕が、一見ぱっとしない人間なんで

良く分かるんです!

相手にしてくれないと、

しょんぼりします。。。

一旦、しょんぼりしてしまうと、

自分の持ち味がなかなか発揮出来ません。

単純に、引き出してあげないと

「もったいない」んです!

マータイ博士も

きっと、同じ気持ちだと思いますよ!

【エネルギー論的 思想・哲学3】

今日のテーマは、「団結」です。

例えば、「独唱」より「合唱」です!

「アンサンブル」です!!!

発生するエネルギーは、恐らく、

「足し算」ではなく、

「掛け算」でもなく、

「乗算」です!!!

どういう計算をするのかは僕も知りません。

しかし、

とてつもないエネルギーが発生する

ということは間違いないです!

共に、奏でて行きましょう!!!!!

【エネルギー論的 思想・哲学4】

「独立」

インドの独立は、それは美しいものでした。

しかし、必ずしも良い結果を生む訳ではない。

それが、

「孤立」

を意味するとしたら、

それは、とても悲しいことです・・・

ということで、今日のテーマは、「ボーダーレス」。

「自分の殻」という枠から飛び出そう!

「家族」という枠から飛び出そう!

「会社」という枠から飛び出そう!

「世間」とか「常識」という枠から飛び出そう!

「市町村・都道府県」という枠から飛び出そう!

「国境」という枠から飛び出そう!

・・・・・・・・・・・

ちょっとずつ、ちょっとずつ、

ボーダーを壊して、

広げてゆこう!

つながってゆこう!

共有してゆこう!

ボーダーを外せば外すほど、

想像もしていなかったような

多大なエネルギーが発生する!

「分裂」より「統合」を!

「分離」より「調和」を!

「ヨーロッパ合衆国」

ユゴーが果たせなかった夢。。。

地方分権なんて

小さなことを言っていないで、

僕たちが生きている間に、

少しでも近づけよう!

「アジア合衆国」!!!!!