池袋での路上を終えた後、池袋の周辺、駒込→上野ら辺のお寺や協会に寄って、原爆投下の時刻と終戦記念日に鐘を鳴らしてもらえるようにお願いして周った。

まずは、ヒロユキが代表してお願いしてくれたんだけど、皆に見られている中で代表して話すのって、すごいプレッシャーだったろうな・・・

結果的に、良い返事は貰えなかったけど、今回、みんなで取り組んだ事が、みんながこれから自律して動いていく為の布石に十分なったと思う。

そう考えるだけでも、大きな大きな前進になったはず!

次に、上野公園に立ち寄って、軽く路上で、ライブを含む、ご縁玉作りや、富志夢フラッグの活動等、いろんな活動をやり始めた。

立ち止まってくれた人に、鐘プロテーマ曲を披露したり、後は、森山直太郎のさくら(独唱)や、19のあの紙ヒコーキくもり空わってなど、僕の弾ける数少ない曲を弾き語りなどした。

この頃には、ななさん扮するなすと、えつさん扮する大仏が仲むつましくしていて、とってもピースだった。

ナツキさんもこのあたりで合流した。

えいたさんは、小豆島からはるばるやってきてくれて、相手の目を見て得たインスピレーションから、筆で文章を書くという活動をしていて、彼が、もっと人の多く集まる場所に移動してから、僕らもそちらへ向かう事にした。

その場所ってのが、上野動物園から駅に向かう途中の一番人が集まりやすい広場で、そこで、主に、富志夢フラッグと鐘プロの活動の宣伝をした。

このあたりで、はるさんが合流し、ななさんからはるさんへ、なすが継承されたのであった。

富志夢フラッグっていう活動は良く知らなかったのだけど、7色のフラッグを用意して、出来るだけ多くの人から夢を書き込んでもらい、それを7月22日(土)、23日(日)に富士山の頂上に掲げ、夢を叫ぶというプロジェクトだった。

富士山の頂上には虹が架かることがないらしく、それなら、7色のフラッグで夢の虹をかけちゃえばいいんじゃね?という事のようだ。

富志夢フラッグ・プロジェクト
http://mixi.jp/view_community.pl?id=787886

僕も、多くの人に「自分の夢」を意識してもらえるようになれば、絶対に世界は変わると思うので、精一杯、この活動に参加した。

英会話の実践も兼ねて、何人か外国人にも積極的に声をかけてみた。

そしたら、イラン人(ペルシャ語?)の家族とか、ブラジル人(ポルトガル語?)とか、アメリカ人(英語)とかからも夢を書いてもらえた!

超簡単にだけど、勇気出して、英語で目的を話したんだけど、実は、みんな普通に日本語がうまかったりした・・・

他にも、韓国人やスペイン人も夢を書き込んでくれていたので、紫のフラッグはすごくグローバルなフラッグになっていた。

見た目は外国人なのに、夢をフラッグに書き込む時の第一声が「ひらがなでもいい?」で驚かせてくれたアーサくんもいい味出してたな。

ヒロユキ扮する大仏やはるさん扮するナスに追いかけられ、はしゃいでいるアーサくんも、変な絵ながら、すごくピースを感じさせてくれた。

アーサくんのおやじさん達に、僕のとっておきの自作英語ソングを披露しようと思ったけど、もう一歩踏み込めなかった・・・
代わりに、日本が誇る超名曲「翼をください」を弾き語った。
改めて聞くと、この曲のよさがすごい分かるなぁ!
サビの部分のハモリをきれいに歌えたら、本当に歌っている間に号泣してしまいそうな程、透き通った真っ直ぐな歌だと思う。
将来、こんな普遍的な良さのある曲が作りたいなと思うな。

その後、新橋→渋谷と路上でやれそうな場所を探すが、なかなか環境的に難しく、主に、富士夢フラッグに夢を書き込んでもらう活動に集中した。

渋谷でバタオくんも加わったが、一番の目的の路上ライブが一緒に出来なくて残念だった。

だけど、バタオくんも積極的に夢集めをしてくれて、ここでも夢が沢山集まって、責任を持って富士山の頂上に持っていかなきゃっていう使命感が沸いてきた!

前々から富士山に登頂してみたかったので、すごく楽しみだ!
7月は職場が変わって、土日が確実に休めるかは分からないんだけど、何とかして行きたい!

とうとう時間切れということで、途中で抜けなくちゃいけなくて、最後まで居られなかったけど、すごく楽しかった!

何だか、あんまり気の利いた事を書けなかったけど、何とか書ききった!

とにかく、またみんなでいろいろ計画して、平和について考え、行動しながら、楽しくやれたら最高だなと思います!

これからもよろしくお願いしますね!