ここ数ヶ月、疑問に思っていることがあります。

「何故、人は、体を酷使してまで草むしりをするのか?」

数ヶ月前、母親が、畑仕事やら草むしり作業で腰を痛めてしまい、動けなくなってしまいました。
大分良くなりましたが、実家へ帰る度に、母は草むしりの作業に追われているように見えます。

なるべく実家へ帰った時は草むしりを手伝うようにしているんですが、「こんなところまで必要なのか?」と思うことがしばしばあります。
母親や父親を初め、いろんな人にこの疑問を投げかけていますが、草むしりをする一番の理由はやはり「みっとも無いから」のようです。

雑草は二酸化炭素を吸って酸素に変えてくれるので、雑草が生い茂るのは、地球環境にとって好ましいことです。
でも、人は、わざわざ体を酷使してまでそれを刈っています。

僕は、すごく母親のことが心配で、母親を草むしりの悪夢から本気で解放してあげたいんです。

僕がいつも通勤で通る川沿いの道があるんですが、川原は雑草が道路にはみ出そうなほど生い茂っていて、僕は、普通にそれが「美しい」と感じました。
雑草なんてこうやって放っておけばいいんじゃんかって思ってたら、その数日後には電動の草刈り機で短く刈り取られていました・・・

果たして、雑草が無いのが自然なのでしょうか?
いや、僕は、コンクリートがある方がよっぽど不自然だと思うんです。

雑草があると虫が寄ってきますよね。
もしかしたら、野生の動物も寄ってくるかもしれませんよね。

嫌ですか?

この辺の価値観や意識が狂っているんじゃないかと僕は思うんです。

最近は、「雑草との共生」を本気で研究していきたいなと思っていて、いろいろ調べていたら、こんなサイトを発見しました。

雑草の言葉
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-category-25.html

この人は、かなり僕と考え方が近いなと思いました。

かといって、まだまだ僕自身考えが浅いと思いますので、何かいい方法をご存知でしたら、教えてもらいたいです。