オスカー受賞者でドキュメンタリー映画監督マイケル•ムーアが、ハロウィーンの日にOccupy Portlandの活動者たち向けに励ましのスピーチをしてました。月曜の午後なのに、沢山の人がいました。

彼は、ポートランドのOccupyキャンプサイトは、NYよりもLAよりもSFよりも規模が大きいと言っていた。ポートランドは、本当に他の都市とは一味も二味も違うと。平和的な抗議活動なため、ニュースになるような事件が起こらず、注目されることが少ないけど、それ自体が注目されるべきだと思う。 

オキュパイ•ムーブメントは、まさに、彼が「キャピタリズム~マネーは踊る~」で期待していた通りの運動だと思う。逆に、この映画が上映されなければ、一連のオキュ

パイ•ムーブメントも起こらなかったかもしれない。 

マイケル•ムーアが嫌いな人は多いけど、全否定しちゃうのもどうかと思う。もちろん、彼の映画がフェアだとは必ずしも言えないけど、それでも、有用な情報や参考になるデータが沢山ある。僕は、それだけで彼に感謝出来るけどな。