That was supposed to be going up, wasn't it?
べてるの家のメールマガジン 「ホップステップだうん!(http://ow.ly/bSc9L )」は、有料だけど、とても貴重なメルマガだ。精神病を抱える当事者の人たちが主体となって、当事者研究をし、記者となって活躍している。「人間の科学」がとてもユニークな視点で研究されている。

べてるの家のメールマガジン 「ホップステップだうん!」の第005号に載っていた西坂自然さんの当事者研究「評価の変動相場制」は素晴らしい研究だと思った。
人が他人の評価を気にして一喜一憂する心理を、とても明確に、ユーモアを交えて書かれていた。

かなり大部分だけど、ここに引用してみよう。

私の中では、周囲の人から「優しい」「明るい」などのプラスの評価があると、「自分が存在してもいい」(「生きていてもいい」)という意味合いのポイントが加算されます。反対に評価が下がると「やっぱり自分は存在してはダメな人間だったか」という、それまで慣れ親しんできた「納得」の状態になります。そしてこの評価体質において一番厄介な状況は、「評価されてない状態」です。それは「もしかして嫌われているかもしれない。次の一挙一動によって評価が下がり、自分の存在が否定されるんじゃないか」という、“お客さん満員御礼”の状態だからです。

私の苦手な評価の舞台は、信頼関係の薄い人たちが集まる場所や、誰からもは っきりと○×の評価を与えられない状況です。その状況の裏には「いったい自 分の評価が上がっているか、下がっているか判断がつかない。その見えない評 価額を下げないためにはずっと現在の評価を下げない努力を継続しつづけなく てはならない」という予期不安が働き続けるからだと思います。 評価が目に見えない場合、「空回りの努力を不断に続けなくてはならない」 「もし気を抜けば“必要ない”と判断されて見捨てられるに違いない」という、 いつも「脅かされた状態」が続くのです。

でも実はその「評価の舞台」というのがくせもので、それは私の積み重ねてきた苦労のなかでいつの間にか私の中に作られた架空の舞台なのです。私とっては非常にリアリティーがあって、本当に存在しているようにしか思えないけれど、実は架空の劇場の架空の舞台なのです。

そして私は舞台に「上がらされた」と感じているけれど、実は自らすすんで(もしくは無意識のうちに身体が勝手に)上がっているのです。舞台上で私につけられる○や×の評価は明確に目に見えないので、評価を勝ち取る戦いはとても繊細で、苦しいものになります。例えていえば、営業職で1件お客さんをとったときにハッキリと言葉でほめられ、成績表に1ポイントつくけれど、それ以外の日常生活や通常の業務内においては、一体評価が上がっているのか、下がっているのか目に見えないのと同じです。

私の感覚では、自分自身の相場は、数分単位で評価額が変動していて、いつも乱高下しているように感じています。だから実は相場が思い切り下がったとき(周囲の全員から「こいつはどうしようもないやつだ」と×をつけられたとき)の方が、安心感があります。それ以上評価額が下がる心配に怯えなくて済むからです。

西坂自然さんの「評価の変動相場制」とは、自分で勝手に「評価の舞台」に上がり、他人の評価次第で自分が「生きていていいか」を判断してしまうこと。
何者かに舞台に上げられているのではなく、自ら上がっている。

そして、その舞台も実は自らが作り上げた架空のもの。
「評価されていない状態」が心地よく(むしろ気楽で)、逆に一度評価されてしまうと、評価が下落する恐怖に怯えるようになってしまう。

基本的に、周りからの評価がどう変動するかは読めない。
他人の評価に振り回されて「勝手に」不安になったり、恐怖を感じたりする.
だけど、実質的な周りからの評価に関わらず、自分を評価しているのは結局、西坂さん本人。
周りはむしろ気にも留めていないかもしれないし、本来は、自らが評価の舞台に上がりにいく必要もない。

ここまで極端でなくても誰でもこういう心理は持っているはず。もちろん僕にも。
過去の自分に照らし合わせてみれば、とても分かる部分がある。

でも、西坂さんみたいに、自分を掘り下げて研究してみたことはなかった。
精神科の先生でさえ、こんなに明確に精神病の患者に何が起こっているかを捉えきれない。
そういった意味でも、精神病を抱えているとはいえ、西坂さんは優れた研究者だと思う。