アメリカ留学期間を経て、今年は再就職1年目でした。当初は二人目のIT担当のつもりで入社したんですが、入社数日後に、元々いたIT担当が辞めるという衝撃の事実を聞いてから、異次元のサラリーマン生活が始まりました。
東証一部上場企業のIT業務を一人で担ってみたでも書いた通り、うちの会社は東証一部で海外に子会社を持つ日本発のグローバル企業。それに、なぜだか知らないけど、入社時には870円ほどだった株価が一時4500円くらいまで値上がり(年末に株式分割を実施)するほどノリに乗っています。
会社のステータスが上がることで励みになることはありますが、それで業務過多になったり、私生活が犠牲になったり、体調を壊したりすることは全く望んでいません。この会社で引き継ぎが不十分で、しかも誰にも相談出来る人がいない状態で企業全体のITを担った4ヶ月は本当に辛かった。。。IT担当が二人になって、主担当をもう一人に譲った今でも、業務過多で辛いことがいっぱいで、楽しみがないとやっていけません。
かなり前置きが長くなってしまったんですが、このような状況下で自分の楽しみの確保がてら実施した会社での業務外・専門外活動の記録を書き残しておこうと思います。
1.オフィスの空きスペースの有効活用(レイアウト変更)
会社でのぼくの専門はITです。(実質的にはもう専門とは言えないですが…)でも、さらに無茶なことに、総務の一員であり、総務のことも手伝います。受付の電話も取って郵便物を配ったりもするし、全社研修の時はオフィスに留守番して電話対応したりもします。そこまでやらせるならばと、オフィスの空きスペースの有効活用をやらせてくれとお願いし、独自デザインを元に見積もりを取り、予算が下り、実施する運びとなりました。
具体的には、お客さんが通る通路にゴミ箱や郵便物が置いてあったのを空きスペースに集約する。社畜のように仕事をするだけの味気ないオフィスに、3人がけのコーヒー丸テーブル3セットと、立ち話用コーヒースタンドを導入するというもの。
コーヒー丸テーブルは、会議室の予約が困難という背景もあり、少人数で予約の必要ない打ち合わせをしたい場合向けに導入。日本人社員の利用はまだ少なく、導入後一ヶ月も経たないうちに一部が移動されるような動きもでてたけど、オフィスからの絶景を眺めながらミーティングするドイツ人と韓国人の姿を見た時、間違ってはいなかったと思いました。あの絵はぼくのデザインの意図通りでした。
また、社員通用口付近に設置した立ち話用コーヒースタンドは、以前は通路とかトイレとかでしか立ち話する場所がなかったという背景から導入を計画しました。
2.3時のおやつにお茶会の実施
会社の人と飲みに行ったりカラオケで騒いだりするのは嫌いではないんですが、個人的にはあまりコスパが良くないんじゃないかと思ったりします。この点、意外と空気が読めなかったり、ノリが悪かったりするのかもしれません。
ただ、そういう考えから生み出されたのが、3時のおやつのお茶会です。これは、3時のおやつの時間に100円くらいのお菓子を持ち寄り、コーヒースタンドを囲んで行われるリフレッシュタイムです。短時間で行われるお菓子のポットラックパーティのようなイメージです。タバコを吸わない人のリフレッシュタイムとして最適でしょう。
コーヒースタンドが社員通用口の側にあることもあり、お茶会実施中に通った社員に声をかけたりもします。実はかなり積極的に当たり前のように声かけちゃってます。怒られない程度にこれからも続けていこうと思ってます。
3.浜離宮Thursday
「浜離宮Thursday」とは、「一週間に一度くらいは仕事をぶった切って昼休みをゆっくり過ごしましょう」という精神の元、週に一度くらいは仕事をぶった切って、昼休みに浜離宮恩賜庭園にお弁当を持ち混んでみんなでランチしようという企画。(参考:浜離宮Thursday
多い時では15人くらい参加してくれました。ただし、暑かったり寒かったり、天気が悪いと参加率がぐっと下がります。でもいいんです。この企画の目的は、浜離宮に来ることよりも、「昼休みはしっかり休む」という文化を会社に根付かせるというのが当初の目的で、それが達成出来ればぶっちゃけ浜離宮は関係ないことになります。
それでも、この目的を達成するためには浜離宮の力が必要です。会社ではキチガイみたいに浜離宮、浜離宮(+フードカートの弁当)ってプロモーションしてるんですが、その価値を分かってくれる人が多くはないです。そんな中、今年入社したドイツ人は、ぼくが何も言わなくても早速、フードカート→浜離宮のコースが定番化してるらしく、浜離宮Thursdayにも2回参加してくれました。自分の感覚の方がどちらかというとグローバルスタンダードなんだと自分に言い聞かせています。
ちなみに、浜離宮Thursdayの名目で忘年会も実施され、新年会も行われる予定。
4. ○○クエストの実施
11月のある日のランチタイムに、築地で「焼きいもクエスト」(通称「いもクエ」)を決行しました。「いもクエ」とは、ある社員間で焼き芋が食べたいという話になった際に、築地のある八百屋で売っているという不確定情報を元に焼き芋も探し求める旅。このケースでは実際にあってオフィスに持ち帰って美味しく焼き芋を頂けました。
これを応用して、「○○が食べたい」とか「○○が欲しい」とか「○○がやりたい」となった時に、興味のある人が集まってパーティを結成し、○○クエストを決行することが活発になったら面白いなと思ってます。個人的にはドラ焼きが好きなので、ドラクエ(ドラ焼きクエスト)がしたいです。
浜離宮恩賜庭園から出ている水上バスでのクルージングツアーなんかも「水上バスクエスト」(仮)などの名称でこのカテゴリに入るかなと。
———————————-
こんなことばかり考えていて、「仕事やる気がないな」とか「ふざけてるな」とか「意外と余裕があるな」と思われてるかもですが、逆に今の環境で仕事を続けていくために必死で考えた息抜き方法だったりします
自分の場合、自分のための楽しみとか息抜きももちろん外さないんですが、周りの人にも役に立って楽しんでもらえてリフレッシュ出来るようにいろいろ計算して企画を立ち上げます。実際にみんなの役に立てると、それが何よりの息抜きになるんですよね。
でも、来年はもっと適正な業務量で私生活にも余裕を持って生活したいものですね。。