地獄の期末試験真っ最中です。
やっとのことで、Transportation Seminarのペーパーをほぼ書き終えました。
ダブルスペースで9枚、2,000 Wordsを超えました。
これだけやって1単位だけなので、割に合わないなと思いつつも、意外と楽しんでやれました。

何せ、「交通」関連のクラスなのに、ペーパーに主に書いたことは、コレクティブハウジングのことだったんです。
実は、ほとんど「交通」に直接絡めたことは書いていません。

主に、このセミナーについて、さらに掘り下げて書きました。(リンク先でセミナーの映像が見れます)

How Sharing and Openness Should Play a Critical Role in Our Transportation Future
http://www.media.pdx.edu/Transportation/Transportation_031309.asx

このセミナーは、Robin Chaseという、アメリカのカーシェアリング会社「Zipcar」の創始者がスピーカーとしてPSUに招かれて行われたものです。

彼女は、交通の分野において、何かを「シェア」し「オープン」にすることによる効果について語っていました。
僕も、こういったことにすごく興味があるので、すごく彼女に共感できました。

僕が将来的にやりたいと思っていることも、必ずこの辺りのキーワードが絡んできます。

たった1単位の為に9枚も書いた訳ですが、単位を取るという目的以上に、自分がまとめたいと思っていたコレクティブハウジングについてのポイントがまとめられて、ほんと良かったです。