■クマ、浜辺で釣り人襲って逃げる
(読売新聞 – 10月19日 11:16)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1378136&media_id=20

クマは、本来、臆病で、人を襲う習性などないそうです。
広い敷地に20頭のツキノワグマと共存していたクマの研究家がいるそうです。
また、99%のツキノワグマが草食で、ほんの1%が肉食なのだそうです。
(『日本くま森協会の誕生物語「クマともりとひと」』参照)

これは、少し前に書いた日記の転載です。

???????????????????
クマは、人を襲いにというよりは、食べ物を取りに人里に降りてくるらしいです。
山に実の出来る広葉樹が減り、実の出来ない針葉樹が増えて、おまけに山は荒れに荒れて、クマが山の中だけでは住めなくなってきているらしいです。
山をそんな風に変えているのは僕たち人間なんですよね。
クマの目撃情報が多くなっていて、「クマが増え過ぎているんじゃないか」と思う人もいるかもしれないけど、クマは確実に減っています。
???????????????????

おまけに、今年は、多くの地域でわずかに残された山の実りが、ありえない大凶作なのだそうです。
そこで、日本熊森協会がドングリ集めを呼び掛けています。
是非、動ける人はドングリを集めて送ってあげてください!

以下転載

???????????????????
日本熊森協会の会員のみなさまへ 
2010.10.12
ドングリを集めてください!!

SOS !至急、可能な会員のみなさま、ドングリを拾って送ってください。
今年多くの地域でわずかに残された山の実りが、ありえない大凶作です。
クマたちが餌を求めて各地の人里に出てきて、連日、片っ端から殺されています。
これではクマが絶滅してしまいます。2004年2006年の大量捕殺の再来です。

行政に任せておけば殺すだけなので、わたしたちがドングリを運んで、
クマが山から出てこないようにして、命を救っていきたいと思います。

これまでは内輪でドングリが集めていましたが、各地の地元の人や行政などから
ドングリを送ってほしいの声が相次いでおり、広く会員の皆様に
お願いすることになりました。

どこに送るかの送り先は、刻々と日々変わっていきますので、
お送りいただく前に、熊森本部までお電話を下さい。
一頭でも多くのクマの命を救うためにどうかよろしくお願いします。

日本熊森協会 本部連絡先
TEL:0798-22-4190
FAX:0798-22-4196
E-mail:conatct@kumamori.org

◎ドングリ集めの注意◎

1,ドングリは、都会の公園で拾うようにしてください。
山のどんぐりはイノシシなどの餌になるので、拾わないでください。

2,ブナ・ミズナラは拾わないでください。
西日本では、山の高いところにしか生えていないので、
地域固有種があり、生態系をかく乱させる恐れがあります。

3,ドングリはかびやすいので、ビニール袋から出して送ってください。
麻袋やダンボールの箱(底に新聞紙を入れてこぼれるのを防止してください。)
に入れて送ってください。
(どんぐりは湿気に弱く5日ほどしかもたないそうなので
拾い次第早めに送ってください)

4,ゾウムシといううじ虫のような虫がドングリに付いていますが、
森の全ての鳥獣の大好物なので捨てないでください。
虫ごとドングリを山に持っていきます。

5,出来るだけ、送るときに、拾ったドングリの種類・合計の重さを
発送の伝票に書いていただきたいです。
最後に今年合計何トン運んだか記録します。

※どんぐりを運ぶには、知識や経験が必要ですので、
一般の方はどんぐりを運ばないでください。
どんぐりは、現地の方々とも相談をしながら、熊の痕跡などを
調べおいていきます。

…………………………………………………
?クマの棲む豊かな森を次世代へ?
日本熊森協会 事務局
〒662-0042兵庫県西宮市分銅町1-4
TEL:0798-22-4190 
FAX:0798-22-4196
MAIL:contact@kumamori.org
URL:http://homepage2.nifty.com/kumamori/

■送り先■

会員さん個人で動ける範囲で森に餌を置きに行くため
送り先が刻々と変わるので、送る際には熊森協会に(TEL:0798-22-4190)電話をして送り先を聞いてください。

■追記■

どんぐりを8キロ拾いました
普通の森や公園だとそれほどは拾えないと思います。
調べたらうちの市には、どんぐりの木がたくさんある森や公園が4つありました。
なので、どうせ拾うなら、そういうところだと効率的でいいと思います
???????????????????