画面の横幅を広げるか、スマートフォン、タブレットの場合は画面を横向きにして下さい

  • Name : Hiroaki Kurita
  • Birthday : 11/24/1978
  • Birth Place : Kanagawa, Japan
  • Blood Type : A
  • Community Activist
  • World Citizen
  • Lifestyle Artist
  • Challenger

As a Community Activist...

Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明Community Activistの説明

ポートランドの住みやすさ

全米住みたい街No.1のオレゴン州ポートランドに2008年から3年半滞在し「コミュニティ開発」を学びました。自転車、フードカート、LRT、持続可能性、市民活動、都市成長境界線、「Keep Portland Weird」など様々な切り口から語ることが出来ますが、ポートランドの住みやすさの起点は何に対しても「参加のハードルが低い」ということだと結論しました。

参加のハードルを下げるために

ポートランドでは、下手くそでも人前で果敢にパフォーマンスする人が多く、全体のハードルを下げている人も普通にいました。僕もこれに習って、下手くそでもレストランのオープンマイクで弾き語ったり、プロでなくてもそれっぽい肩書きを勝手に名乗って活動してます。因みに、このプロフィールで紹介している肩書きも実は誰でも名乗れます。参考記事

僕の目指すコミュニティ開発

誰にとっても参加のハードルを下げるため、「ローカル」を重視します。特にオンライン空間を地域単位に区切ること。グローバルでスターにはなれませんが、ローカルでなら誰でもスターになれる可能性があります。一般市民が地元のジャーナリズムを作り上げたり、生活圏内でプロジェクトを立ち上げて勝手に推進出来るプラットフォームを作って行きます。

As a World Citizen...

アメリカクエスト

当時26歳の英語が喋れない一介の会社員によるアメリカ西海岸縦断の記録。ハプニング満載の前半に加え、カナダで出会ったシンガポール人とホテルをシェアし、同じ航空機で日本へ帰国し、実家にも泊まり…の後半も読み応えあり?

ameque

ポートランド

日本で注目される前の2008-2012の間に滞在、Portland State Universityにてコミュニティ開発学科を専門科目のGPA3.72で卒業。インターンで働いた現地まちづくりNPOでも「傑出したボランティア賞」を受賞し表彰された。

ameque

キューバ・コスタリカ

キューバへはフィデルが亡くなる直前に会社の同僚4人と旅行。コスタリカ経由で単独帰国予定でしたが、キューバで出会ったコスタリカ人の帰国日が同日だったので、コスタリカで再会。彼の家に泊まらせてもらい交友を深めた。

ameque

日本発のグローバル企業

東証一部の日本発のグローバル企業で3年半IT担当として従事。ドイツ人や台湾人や海外志向の同僚と「キューバ会」や「台湾会」を結成し、海外へ旅行、ポットラックパーティの開催、渋谷のサイクリングチームに参加などした。

ameque

As a Lifestyle Artist...

ライフスタイル自体をアートにする

僕にとってライフスタイルは「自分そのもの」です。「仕事」に加えて、「エコ」、「ノマド」、「IT」、「ドローン」、「旅」、「音楽」、「自転車」、「写真」、「執筆」、「信仰」、「コミュニティ」など、どれも中途半端ですが、自分のライフスタイルにバランスよく統合しています。

ライフスタイルを「アート」と捉えています。モバイルボヘミアンの四隅大輔さんが語る「自分らしく生きる人はすべてアーティスト(表現者)だ」という言葉に賛同します。

例えば「5links(折り畳み自転車)+青春18きっぷ」での四国旅では、モバイルソーラーパネルを5linksの荷台に乗せてスマホを充電しながらしまなみ海道を渡り、釣りをしながら四国を旅をしました。

ノマド的な新たなワークスタイルも模索中で、自転車で15分圏内のビーチや丘の上の公園、植物園や美術館、スーパー銭湯などでもノマドライフを実験的に楽しんでおり、コンテンツ化して発信予定です。

As a Challenger...

四十路を目前に踏み出していること

三十路の時の崖っぷちアメリカ留学に続き、四十路を目前に新たなチャレンジに踏み出しています。僕の武器である「IT」「コミュニティ開発」「英語」を駆使し、理想とする社会実現に向け、脱サラしてフリーランス・起業を目指しています。参考:四十路目前に踏み出していること

退職後3ヶ月で自分への投資100万円予算プロジェクト

人脈もスキルも乏しく微妙な年齢の自分にとって退職後3ヶ月は勝負。幸い、時間もお金もあり、投資予算を「100万円」とし、プログラミングスクール受講やMacbook Proなどの作業環境構築、「コミュニティ」の最前線が学べる機会などへ参加しながら集中的にスキルアップと自分への投資をしています。

リスクを冒してチャレンジする意味

自分のことだけを考えたらリスクを冒してまでチャレンジしなかったと思います。自分を含め、居場所が無かったり過小評価されて十分に力を発揮出来ない人たちに何か出来ないかと常に考えています。僕にはこの現状を打破する為にチャレンジしてみたい事業計画があります。詳しくはWorkstyleセクションにて。

Workstyle Page (Under Construction...)
Concept Page (Under Construction...)
Workstyle Detail Page (Under Construction...)
Skill Page (Under Construction...)
Blog Page (Under Construction...)
Contact Page (Under Construction...)