悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 https://bokudeki.me/essay/mainessay/653/