「福祉国家」≒「人間を大切にする社会」

「緑の福祉国家」≒「人間と環境を大切にする社会」

だそうです。

スウェーデンは、既にこの「緑の福祉国家」への大転換を始めています。

こうした「人間と人間」、「人間と環境」の『調和』こそが、「持続可能な地球環境」を実現する上で、一番の近道なのだと思います。

これは、仏法の説く「依正不二」の哲理とばっちりリンクするんです!

参考:『地球環境問題の解決に向けて』
http://ssn.cside.to/science/fujita1s.htm

だから、スウェーデンってすげぇな?!って思っています。