日本で「ソーシャル・ネットワーク」が上映され、facebookが注目を浴びているようなので、FBに関する過去のつぶやきをまとめてみました。
ちなみに、僕は、facebook歴二年と3ヶ月くらいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
facebookの「Like」やmixiの「イイネ!」ボタンは、孤立しながらも地道に頑張っていると感じる人にこそつけるべきだと思う。こんなに簡単に「関心」や「励まし」を示せる機能は他にないかもしれない。

facebookのサイト外に付けられる「like」ボタンは、実はすごい発明だと思う。最優秀のアメリカ人学生が、likeボタンの登場により、googleへの入社を蹴ってFBに入社したというニュースを覚えている。

facebookのすごいところは、facebook上のいろいろな活動が、友達のタイムラインに報告されるところ。例えば、彼女と別れてプロフィールのステータスを変えると、それも友達に報告されてしまう。いろいろ問題はあると思うけど、僕はこういった機能は好きだな。

あと、facebookで友達のwallに直接書き込むと、その二人の共通の友達のタイムラインにも報告される。だから、例えば、誕生日に誰かが「ハッピーバースデー」とコメントすると、その周りの人も気付いて広がっていく。僕は今回、30以上のコメントがもらえた。mixiでは3件だったけど…

facebookの写真のタグ付け機能も好きだな。写真の中にいる人にタグを付けてその人のページとリンクを作ることが出来る。タグを付けられた人のタイムラインにも報告される。ちなみに、友達がアップした写真を直接プロフィール画像に使うことも出来る。「つながり」を作る機能がほんと満載。

facebookのイベントの機能も好き。イベントを気軽に立ち上げて、みんなを誘うのが楽。ポートランドのフリーのアートイベントツアーなど毎月facebook上で参加を呼びかけている。複数人との間でメッセージを共有して気軽に話を進めることも出来たり、facebookは良く出来ている。

facebook上ではほとんど英語でやり取りしてるけど、Twitter上での英語でつぶやくのは諦めた。140文字で英語で言いたいことを表現するのは僕にはハードルが高過ぎると思ったから…

mixiの友達って増えにくいな。5年以上やってるのに150人前後でしばらく止まったまま。facebookは2年くらいなのにもう250人に届きそう。Twitterは1年も経ってないのにフォロワーが450人を超えた。

facebookはほんと便利だ。「大学院の志望動機のエッセーの校正を手伝って!」と今朝言って、何人か名乗り出てくれて、既に二人分に細かい校正作業をしてもらえて、アドバイスまでもらえた。実名社会の信頼関係のあるSNSの成せる技なんだろうな。

[追記]これらのfacebookの利点を駆使していくと、チュニジアやエジプトで起きたような独裁政権への打倒に大きく貢献することにもなる。