ウェブサイト開発中:http://srd.bokudeki.me/
企画の概要:湘南地域の人々から「ボランティア企画案を引き出す」、「ボランティアを掘り起こす」、「互いのニーズの一致を後押しする」ことによって地域の「ソーシャル・キャピタル」を高め、企画単位で勝手に地域を良くしていってもらうことを目的とした市民参加型のマルチユーザーサイトを作成する。
企画の狙い:ボランティア事業企画とボランティアのニーズを一致させることで湘南地域内で活動する人を増やし、自分たちの生活圏を「首都圏」という果てしなく巨大な範囲から「湘南地域」にとどめ、「湘南地域で働き、遊び、暮らす」ライフスタイルを目指す。
事業のスケール:湘南地域全体
予算:5000円/年(ウェブサイト運営費など)
必要ボランティア数:約10名
企画の詳細:
「湘南地域企画」の狙いは、人々のアイデアを引き出し、ボランティアを掘り起し、ニーズの一致を後押しすること。つまり、ソーシャル・キャピタルを効率よく高めるということです。インターネット上でやるから、お金もそんなにかかりません。
湘南地域の人が地域のボランティア企画案を考えてみたくなり、地域のボランティアの機会を探している人が希望のものを見つけやすくなり、オン・オフ問わずに勝手に活動してもらえるようなサイトを目指しています。東北復興のボランティア募集サイトを地域限定にして、もっと交流の要素を強化した感じです。
「湘南地域」の定義については要件等ですが、今のところ、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町が範囲で、その地域在住、もしくは、仕事など活動を主にする人たちが対象です。
ウェブサイトの仕組みはこんな感じです。
サイトでアカウント登録した人は、サイトにログインして自由にオリジナルのボランティア事業企画を掲載出来る。それぞれの企画書には、企画の概要(140文字以内)、企画の狙い(100文字以内)、事業規模、予算、必要ボランティア数(約)、プロジェクトの詳細、前提条件、準備項目などが載せられる。
企画書をサイトに載せた人は、その企画の「オーナー」となる。オーナーの他に、「ボランティア」と「フォロワー」という3通りの立場を用意。ボランティアはオーナーと共に主体的にプロジェクトを遂行する人。フォロワーはプロジェクトを支持だけする人。参加者はそれぞれ、自分の意思で立場を変えられる。
各企画書には、「フォロー」ボタンと「ボランティア」ボタンを用意し、それぞれ名前とメールアドレスの登録だけでコメント欄に書き込む権限をもらえる。その他、それぞれの企画案で、facebookみたいにイベントを立ち上げてリアルで交流も出来るようにする。イベントはカレンダーに記載される。
それぞれの企画書で、支持が多い順にトップページで目立つようにする。支持の数は、フォロワーが一人当たり1点、ボランティアが10点(仮)で計算。コメント欄ではそれぞれ立場が分かるようにすることによって、オーナーはフォロワーに働きかけてボランティアに変えようと努力する。
ボランティアの機会を探している人は、自分の家に近いところで行われているプロジェクトを探したり、興味のあるカテゴリーで探したり出来るようにする。
市民団体や企業の人が、元々持っていた企画をこのサイトで立ち上げて、ボランティア集めのために利用することもあり。自治体も同じように利用することがあってもいい。ただ、団体の企画と個人規模の企画とは分けて支持ランキングを構築するかもしれない。
管理者も、一参加者として企画のオーナーになったり、ボランティアとして企画を支えたり、フォロワーとして議論に加わったりする。
前提条件:ウェブサイトの詳細が決まっていて、ウェブデザイナーやプログラマーがある程度ボランティアで動いてくれること。