依存には2種類あって、一つはお馴染みの「個人的な欲求を満たす為の依存」で、もう一つは「個人を超えたより大きなコ ミュニティの健全な発展の為に進んでする依存」。

コミュニティの事を学んでいくうちに、僕はいろんな人と関わり巻き込むようになった。間違いなくみんなの必要性を感じ依存している。でもそれはみんなも同 じこと。「相互依存」という相当パワフルなもので、個人的な欲求を満たす為の依存とは分けて考える必要がある。

うちの大学の教授は、明らかに自分の利益になるように授業を構成している。生徒を利用して情報やより多くの視点を効率的に集めたり…生徒からすれば、お金 を払っているのに納得いかないかもしれない。でも、もしその教授が後の生徒の為に尽くせれば、社会全体の恩恵となり巡り巡って自分にも返って来る。

だから僕は全力でクラスを受ける。生徒が教授を必要とするのは当たり前だが、実は教授も生徒を必要としている。この相互依存関係はかなり重要だと思う。人 々がこういった相互依存関係を理解し率先して行動するようになった時の社会へのインパクトは計り知れない。

人々がテクノロジーに依存するのは何故なのか?個人レベルで欲求を満たすため?それとも、個人を超えたより大きなコミュニティの繁栄に必要なため?テクノ ロジーを作る人も使う人も、どちらを選択するかで結果が全く違うものになる。Twitterも例外ではない。

続きを読む…http://bokudeki.org/?p=1841