お互いのスタンスを示し合うことなしに議論が成立するってことはあるのだろうか?卑怯な人は、自分のスタンスをはっきり示さずに揚げ足を取るだけになりやすくなる。自分のスタンスをはっきり表明することは、相手と同等の責任を持つということで、それで初めてフェアな議論になるんじゃないか?

実はすごい事に気づいたかもしれません。ソーシャルメディアなどネット上の揚げ足を取るような議論で、話が広がり過ぎて収拾がつかなくなる場合の対処法として、「焦点となっているそれぞれの議題についてみんなのスタンスをYes or Noでしっかり示し合う」こと。

卑怯で相手の事を絶対に認めたくない人は、自分のスタンスを示さず、自分のスタンスに矛盾が出ようが何でも反論してしてきます。そういう人は、何だかんだ言って自分のスタンスを示さないかもしれませんが、そういう人とはネット上では議論しても時間の無駄なので、そこでやめる。

ネット上の議論で、卑怯で相手の事を絶対に認めたくない人は、自分のスタンスをはっきり示さず、つまらないことで揚げ足を取るか話題をずらして反論とも言えない反論をしてきます。また、徒党を組んでとにかく相手をバカにし、内容はともかく議論に優勢であるかのように繕おうとします。

さらに、明らかに自分たちの方が言葉が悪いのに、「言葉が悪い」だの「上から目線」だの言い、徐々に本題から遠ざかっていき、あからさまに人格否定や中傷をし始めます。この時点で、もう論理では勝てないと判断したか、誤りを認めない為に事実をあえて知ろうとしないかのどちらかだと思います。

「無知は、知の怠慢ではなく、知ることを拒絶する膨大なエネルギーの結果」フロイト