僕が受講中のTechAcademyというプログラミングスクールのWordpressコースの2週間の延長コースを受講して、

かなりバタバタしましたが最終課題のオリジナルサイトを提出して無事に合格をもらえました。

受講当初はこんなに大風呂敷を広げていたんですが、十分に時間がかけられずに半分くらいしか実現出来ませんでした。

地元市民記者メディアの展開プロジェクト時に掲げていた要件に、プログラミングスクールの課題がてら挑戦!

で、完成したサイトがこれです。

サイトのサブタイトルにある通り、「地元住民の地元住民による地元住民のためのローカルニュースメディア」です。
※英語で、「Local News Media for the Locals by the Locals of the Locals’」

こういったサイトを市区町村単位で作り、地元の人たちに運営・地元の記者に活躍してもらいながら全国・世界展開しようと思ってました。

課題の企画段階ではあまりハードルを上げすぎると合格をもらえない恐れがあったので以下の3点を目標に制作を進めました。

  • ブログに不慣れな人でも投稿しやすいインターフェース
  • 一般のブロガーには持てないようなブログのデザイン
  • 記事とコメントの評価機能が充実していて、信頼出来る情報が優先的に目に触れやすくなっている

あくまでプロトタイプ的な出来に過ぎないのですが、この3点の目標は達成出来たかなと思ってます。

その他、もうちょっと詳細の面で実現出来た点は以下の点。

  • 一般の記者は管理画面に入らず作業が完結(記事投稿・編集もプロフィール変更もアカウント登録・削除も)
  • レスポンシブデザイン
  • FBやツイッターへの記事リンク投稿時に見栄え良く見出し表示
  • イベントカレンダー機能
  • タブ型記事人気ランキング窓
  • WP-Membersのような会員制サイト管理機能
  • 市民記者一覧ページ
  • 記事の評価機能を強化(記事とコメント両方に「支持」ボタン用意し、支持数が高い記事やコメントを目立つ表示に
  • アカウント申請時にプロフィールや居住地区名など情報を入力し、管理者が承認する形にする

このままでサービスをスタートするのは難しいんですが、とりあえず「こんな感じ」というプロトタイプとしては示せるようになりました。

これで各地で地元運営チームを副業的に募集して5つくらい結成出来れば、本格的な開発の準備にかかろうと思ってます。

地元運営チームは、「地元の広告主への営業」と「運営努力によるPV数向上」などで副業として考えられるレベルに出来ればと思ってます。

この時点で興味のある方はぜひご連絡ください!