先日、Tokyo Free Guideの説明会に参加してきて、晴れてTFGの正式メンバーとなりました。

僕の場合は、説明会に参加する前にボランティアガイドを務めたケースなのですが、もう独立して、カレンダーにあるゲストの依頼から選んで、依頼を受けてガイドをしていけるようになりました。

実際に内部に入ってみてびっくりした点がいくつかあるんですが、下記の2点は特にびっくりしましたね。

 1.一日多くて依頼が2,3件だと思ってたら、毎日とても抱えきれないほどの依頼が来ていた点
 2.内部で共有しているガイドの報告情報などが、どの商用雑誌でも太刀打ちできないほどの豊富な情報量でバラエティに富んでいるということ

1.では、外国人旅行者と、語学を勉強中だったり外国の文化に触れたい日本人のニーズが合致していることを物語っていますよね。
2.では、ボランティア団体でも、ここまで大きな価値を生めるという事を物語っています。

こういったことは、行政でも企業でも手が届かないことですよね。
でも、実は、こういったことがすごく重要だったりする場合が沢山あると思うんです。
行政でも企業でもやらない以上、気づいた人が市民団体を組織し、市民の手で達成していくしかないと思います。

そういったことを考えていると、このTokyo Free Guideは、とてもお手本となるケースなのかもしれません。