このサイトを始めてから今日でちょうど1年になります。
お陰様で、今年一番の目標をほぼ達成する事が出来ました。
1周年記念スペシャルとして、『日記』について書こうと思います。
僕は人間の記憶力ってすごく儚いものだと思う。
相当印象的な事じゃないと一週間前の事、昨日の事、5分前の事だって忘れてしまうと思う。
僕は、今までの記憶で、印象的だったもの以外は、何かのきっかけがないと思い出せない。
今まで26年間いろんな事を考えたり、経験したり、達成したり、時には悩んだり苦しんだりしてきたはずだけど、いまいちそれらを「今の僕」に活かせてないような気がずっとしていた。

僕は、こういった事がどうしても残念で自分を変えたいと思って、それをするには以下の2点が必要不可欠だと思って、この1年頑張ってきた。
 1.日々集中して強く印象に残って自分にプラスになるような経験をするよう心がける
 2.自分の日々の記録として日記をつける
僕は、この2点を意識した結果、この1年は例年より10倍くらい長く感じた1年だった。
どれだけ1日1日にいろんな事が経験出来るかは、現時点では個人差があると思うけど、日記を付けるって事は誰にでも出来ることだと思う。
僕が日記を付けてる一番の意味は、自分の記憶のリンクを作る事だ。
人が読んで面白い日記かどうかとかは二の次で、「XX月XX日、XXXXをした」という事を日記に残して、後でそれを見たとき、「あ~、そういえばあの日は、あんな事を考えて、ああいう風にしようと思ってたんだ!」っていう風になりさえすれば万々歳だと思う。
日記って、きっと、時間が経てば経つほど価値が高まるものだと思う。
今現在の自分とそれ以前の自分との違いがはっきりするし、それによって今の自分の成長度が実感出来れば、今後の自分に自信が付くと思う。
その効果を最大限に引き出すには、出来るだけ情報を多く記しておくに限るけど、そんな事してたら日記を書くだけで一日終わってしまうので、ある程度テクニックが必要だと思う。
と言っても僕はそのテクニックを編み出せている訳ではない・・・
本当に時間がなければ箇条書きにでもしておいて後で時間のあるときに清書するしかないかな。(これをしておかないと確実に記憶のリンクは途絶えてしまう・・・汗)
でも、毎日何分かでも日記を書く為の専用の時間を設ける事はすごく良い事だと思う。
書く事によって、「今日はここがダメだった、明日からはこうしよう」とか自分を見つめ直す時間にもなるし、知らなかった自分を発見する事も出来るかもしれないし、自分が考えている事ややりたい事がより具体的にもなる。
忙しくてそんな事してる時間がないって人もいるかもしれないけど、こういった時間は意識して作った方が良いと思う。
多分、どんな人でも、時間の使い方を少しでも工夫すればすぐに出来るものだと思う。
これは偏見でしかないけど、友達とかから遊びの引き合いが多くて、とりあえず何でも行っちゃうって人は、何となく時間が過ぎていっちゃってるんじゃないかと思う。
ん?これを書きながら思ったんだけど、多分何かしら受け身の生き方をしていると、何となく時間が過ぎていっちゃうのかもしれないな。
時間の浪費って、お金の浪費より比べ物にならないくらいもったいない事だと思う。
もちろん僕も時間の浪費をしている節が多々あるけど、日記を付ける事によって、どういう風な時に時間を浪費しているのかとかそういう傾向が分かってきた。
日記を読み直すだけで、「自分のダメさ」が分かるってのも面白い。
読み進める度に、微妙に考え方が変わってたり、行動の傾向が変わったりする、「自分の変化」が見て取れるのも面白い。
これを読んでるだけで、「未来の自分」の姿が見えてくるのも面白い。(それもちょくちょく変化するけど・・・)
僕は、個人的に、僕に子供が出来たら、その子にこの日記を全て読んで欲しいなと思う。
昔はこんなダメダメ人間だったんだって笑って欲しい。
でも、そんな人間が様々な事を考えて成長して、君のパパになったんだよって事も知って欲しい。
もちろん、このサイトを見てくれたすべての人に、一人の生身の人間の変化を見て取って、何かしら自分にプラスになる事を感じ取ってくれたら素晴らしいなと思う。