日本の政治の根本的な問題は、国民の当事者意識の致命的な欠如だと思う。根本的には、政党のせいでも政治家が無能なせいでもない。
「日本にはまともな政党が一つもなく、その中から選べって言われても困る」とか国民が文句を言うほど、僕たち日本国民の当事者意識は低い。当然、民主主義国家において、国民が果たすべき役割は、投票することだけではない。政治家や政党をサポートしまともに育てるのも僕たち国民の役目だ。
だから、「日本には投票に値するまともな政党が一つもない」と嘆くのは、ただただ自分の無能さを物語っているだけということになる。