隠れた名所:平塚大橋から臨むビオトープ


この写真は、山下と上平塚を結ぶ「平塚大橋」から湘南平方向に写した写真です。(平塚大橋の地図)花水川のほとりの木々に着いている白いものは何だか分かりますか?遠くから見ると、ゴミがへばりついているようにも見えますが、ゴミではありません。

平塚大橋から、花水川沿いのハイキングコースに入り、ちょっと近寄ってみました。住宅地など市街地に囲まれているとは思えないくらい、素晴らしい自然だと思いませんか?この時点で、ここは平塚のかくれた名所だと思いました。

そうこうしているうちに、すっかり夕日が出てきました。夕焼けの花水川周辺もきれいです。結構蚊に刺されましたが、ここは身近で自然と一体になれる絶好の場所だと思いました。もし、通学や通勤で近くを通る人は、立ち止まって自然に足を踏み入れて下さい。

さて、蚊に刺されながらも、土手の下まで降りていくと、足音などで白いものが一斉に飛び立ち、離れて行ってしまいました。そう、この大量に木々にへばりついていた白いものは、サギだったんです。というか、野鳥土素人の僕は、細かくは何の鳥か分かりません。(詳しい方、教えてください!)

夕日の逆行で見にくいですが、こう見ると、相当数います。これだけの野鳥が集まるということは、ここはかなり質の良いビオトープだということだと思います。アメリカから帰国して、このハイキングコースを歩いてみたとき、身近な場所にこんなに素晴らしい自然があることがとても誇りに思えました。
恐らく、どの地区にも、(自然に限らず)こういった隠れた名所があると思います。個人的にはもちろん、恐らく平塚に住むみんなが知りたいと思っていると思うので、是非とも近所を歩いてみて、隠れた名所を発掘し、取材して記事にして欲しいです。