今日はThe Mars Voltaの来日公演を見に行った。渋谷でGahdisと待ち合わせてまず楽器屋に寄った。
その楽器屋は大学の時の軽音部の人がいつもレジをやっている。
毎回話しかけようと思ってるんだけど、どうもだめだな。ライブのブッキングの事詳しいかもしれないから今度いろいろ聞いてみよう。
ライブはクラブクアトロというところでやった。
初めてだったからそこまで行くのに苦労した。(でも意外と良く行く所にあった・・・)

前座がGOTH TRADというアーティストだった。
このアーティストは、サンプラー、キーボード、そして自作楽器群を自在に操り、テクノを始め、ヒップホップ、そしてクラシックなどの現代音楽、ノイズミュージックに至る幅広い音楽性が注目され、ソロでのインプロビゼーションを中心としたステージ・パフォーマンスは高い評価を得ているらしい。
爆撃を受けてるような重低音が常に鳴り響いていて、まるで世界の破滅みたいな気分だった。
違う事を考えようとしても強制的に耳に入ってきてしまう凄まじい音圧だった。
あの爆音の中でずっと話しをしている迷惑な人達がいた。
The Mars Voltaのライブは、かなり盛り上がってた。
At the drive inとかThe Mars Voltaは体の弱い人達の為に、モッシュが起きないように呼びかけて、モッシュが起きたらライブを中止するような話を聞いていたので、安心してたけど、十分暴れ気味な人がいたな。歌にしろ、ギターにしろ、リズムにしろすごい魅力を持ってるバンドだなと思った。
これがポストロックってもんか。新しい流れを作る人達はやはり違うなと思った。