今日、大学の毎週の課題を仕上げていて思ったこと。

自分たちの暮らしを本当の意味で向上させるには、商業が第一目的ではない方法で、人々のニーズを認識し、それらの橋渡しをする仕組みを作ることが大事ということ。

これは、自分たちの力で暮らしを作るということに繋がると思う。

ただ、物やサービスを買って済ませるのではなく。

僕たちは、現代社会の巨大な渦の中に飲み込まれてたり、ビジネスやプロフィットの追求に明け暮れて忘れがちだけど、今この瞬間にも、人々の間で一致しているニーズが既に沢山あると思う。

それは、人と物、人と場所、人と人、などあらゆるところで。

その多くはあまりお金にならないことかもしれない。

だけど、少しの努力でそれらのニーズをつなげる事が出来れば、意外と簡単に暮らしの質をあげられたりすると思う。

例えば、ベビーシッターを必要としている共働きの若夫婦と、子育てを終えてまた子供の世話をしたいと願っている老夫婦が同じ住宅地にいたとする。

これでもうニーズが一致しているということだ。

昔読んだ記事で、意外にも、子育てを望んでいる老婦人が日本にかなりの確立でいるということを知った。

現代は、子供を見ず知らずの人に預けるなんてとんでもないっていう風潮があるかもしれないけど、これをせずに子供を放っておくこともまた危険なことだと思う。

また、アメリカのカーシェアリング会社「Zipcar」の創設者であるRobin Chaseは、GolocoというSNSサイトを立ち上げた。

Goloco
http://www.goloco.org/greetings/guest

このサイトは、参加者それぞれの旅を共有し、同じ場所、同じタイミングでニーズが一致したら、例えば、その区間の交通手段を共有できる。

車に乗せてもらえたり、逆に載せてあげたり、それとも一緒にレンタカーを借りたり、方法はいろいろ。

僕は、Robinのスピーチを大学のクラスで聞いたことがある。

「何かをシェアする」という観点では、驚くほど考え方が似ていて、彼女がやっていることも、僕が将来やろうと思っていることとベクトルが同じだった。

彼女も確実に気づいている。

既に、人々の間で一致しているニーズが沢山あるってことを。

それを橋渡ししてあげるだけで、沢山の人の生活の質を本当の意味で向上させられるということも。

そんなに儲からないかもしれないけど、リサイクルやリユースと一緒で、この分野にいくらでもビジネスチャンスが隠されていると思う。

今この世界に求められているのは、限られた人主導で行われるビッグビジネスなんかではなく、こういったスモールビジネスを無数の人たちが主体的に行うことだと思う。

一応、今回提出した課題の内容を載せておきます。字数制限で書きたいことがすべて書けなかったけど、これで確実に満点のはずです。

The most compelling message in this chapter to me is that sharing institutions enables people to have better quality of life, instead of privatizing anything. It makes sense when we consider it as a scale of “Co-housing”. Co-housing is the way of life managed as a community so its residents can utilize their funds, skills, and resources collectively. Today, many more households or individuals privately have things they need in life. However, almost always, each of them cannot have better ones because of, especially, their limited funds. By contrast, sharing them with others as a community, by their collective funds, they can get higher level of ones, even though each member cannot privatize them. For example, they might be able to establish non-carbon emission facilities, zero-waste schemes or self-sufficient structures in the community by the power of collective funds, skills, and resources. Imagine what it would be like if it is a scale of cities. Even though people have to give up comfortable and convenient life in suburban areas and densely live in downtown, they can have plenty of public facilities and services within the walking distance such as libraries, museums, and parks, which are all things that each person cannot have financially.

What Beatley forgets to focus on in this chapter is that there are a lot of “needs” that are met to share among people. Today, things overflow in the world. Also, many more people are very busy so that they tend to just buy things and services they need without any efforts. In other words, they overcome anything by money. However, actually, a wide range of needs are concerted even in this condition. For example, needs, between a young couple who needs a babysitter during going to work and an old couple who hopes to take care of children again, are met beautifully. Another example is that Robin Chase, founder and former CEO of Zipcar, established “GoLoco” to seek for a further new way to share something. GoLoco is a social networking service online that helps people and communities create their own personal public transportation network. In this case, if there are some people met in needs to take a trip in the same timing and the same place, they can share transportation they needs in various ways through the website. In deed, it is important for us to recognize the fact that many needs among people have already met and invent something that bridges them.