反社会的と見なされ、社会の中で特に厳しい目で見られているグループは、意外と研ぎすまされた倫理観を持ち、表の社会と裏の社会の狭間で、絶妙な方法を見つけて立派な活躍しているものなのかもしれない。確実に言えることは、ただでは存続出来ないということ。

今日も、Occupy PDXのキャンプサイトを見学に行ってフリーフードを頂いてきたんだけど、めちゃくちゃうまかった。普通に地元のレストランの料理の盛り合わせだから、5ドル以上はするね。それだけレストラン郡が喜んで投資をするほど、この活動は影響力を見込まれているということ。

僕たちは、きっと、政治的だったり社会的な活動の影響力を過小評価している。地道に就職するなどして経済的な活動をしてお金を稼ぐより、政治システムを改善し、社会的な公正さを実現させた方が、ずっと経済的に豊かになれ、生活が楽になる。仕事で手一杯で政治も社会活動にも参加しないなんて非効率。