「人を見る目がある」というのは、その人の過去を把握している人でもなく、その人が今現在どれだけすごいかを知っている人でもなく、その人の「成長の加速度」を捉えている人。どんなに小さなことでもその人の成長や達成したことを見逃さず、その成長の加速度を元に未来の姿を正確に描ける人。

友の成長と活躍を素直に喜びそれ自体が日々の喜びになったら素晴らしいだろうな。嫉妬とねたみでむしろ自分以下のレベルへ、無理矢理、蹴落とそうとするような人には決して味わえない喜びだ。

どんなに小さなことでも、友の成長や達成したことを見逃さずに讃えてあげること。友の更なる飛躍と社会への貢献だけでなく、自分の心の財を築ける。関心を持つことから出発し、根底には、友への限りない可能性を信じる心がなければならないと思う。

相手に関心を持ち、相手の心の動きや行動に敏感になること。他の人と比べるのではなくて、あくまでその人自身の過去のある時点と比べて、成長した点は惜しみなく讃えてあげて、更なる成長の為に激励してあげる。それは、自分自身の心をさらに豊かにするための実践でもある。