先にも書いた通り、僕は渡米していきなり3年レベルのクラスから取り始めた。最初のタームのあるクラスでは6冊もテキストを扱っていた。もちろん全部は読む必要はなかったけど、アメリカ人学生もびっくりな量だった。中間テストと期末テストで、それぞれ2冊づつについてのエッセーの課題が出された。それぞれ10枚分のペーパーの課題だった。

10枚分のペーパーといえば、馴染みの薄いテーマについて書くのであれば、日本でも大変な量のはず。当然、英語で書くのだから、それだけ時間がかかる。大体、1タームに3クラスくらいは取らないといけないので、これくらいの課題が3クラス分、中間と期末で出される。1年目のテスト期間中は悪夢でしかなかった。思い出すだけで尿が出そうだ。

最初のタームを比較的いい成績で乗り切れたのは、クラスメートのお陰だと感じている。同じ専攻で、既に3年以上滞在していた日本人の留学生がいて、彼女の存在がとても心強かった。日本人とつるんでばかりでは英語力は伸びないのはわかるけど、自分にプラスになる人とは誰でも積極的に頼っていってもいいと思う。

彼女の他にも、既にその道で活躍している社会人学生がいて、彼も巻き込んで小さな学習サークルを結成した。サークルとして、教授を訪問したこともあった。基本的には、アメリカ人学生の中にはとけ込め切れずに友達は少なかったけど、最初のタームを彼らと一緒に乗り切れたのは大きかった。

また、先にも書いた通り、教授が熱心で授業が面白かったこと。テキストや課題の質も含めて、将来のキャリアに直結すると信じられるものばかりだった。在学中は、軍隊にいるのかと思えるほどきつく、洗脳かと思えるほど考え方を変えられたけど、これだけ自分の将来にプラスになると信じられる洗脳なら大歓迎だった。教育とは、ある意味、洗脳の一部なんだと思う。

それから、後で詳しく書く予定だけど、大学のオープンで便利な環境も大きなプラスだった。僕が入学したポートランド州立大学は、ダウンタウンの中に位置する都市大学で、鉄道が2路線通っていたり、サイクリストや歩行者が安全に移動出来る環境もあり、治安のよい環境で遊ぶ環境にも事欠かなかった。

最後に、仏法の実践がもたらした効果は大きかった。学習サークルのように、仏法を実践し世界中に広がる創価学会インターナショナル(SGI)のコミュニティとしてのサポートにも助けられた。その中でも大きかったのは、組織の中でリーダーシップがとれたこと。

自分の個人的なことをクリアする最前の方法は、意識したり関心を持つ範囲を自分を超えて出来るだけ大きく持つことだと思う。自分のことだけしか関心を持たなければ、当然、それ以上の成長は望めない。だけど、自分を超えて他者へまで関心を広げ、進んで責任を持つことによって、結果的に自分の悩みや苦しみが取るに足らなくなる程に自分を向上させられる。

この場合は、アメリカ人のグループに対して積極的に責任と義務を持つことにより、いつの間にか、多くの個人的な課題はクリア出来ていたということ。SGIの組織の中では、人材育成の一環で積極的にリーダーシップを任せる伝統がある。必ずしも能力があるから任せるのではなく、能力をつけるために任せるのだ。

また、仏法の自力本願でどこまでも楽観主義の思想は、どんな苦境に立たされても諦めない自分を作りあげた。必ずしも仏法である必要はないけど、そういった何が起きても大きくは動じない自分をキープ出来る深い思想や哲学は必須だと思う。自分への動機付けや固い決意は、そういった思想から生まれてくるものだと思う。