ソーラー発電・蓄電実験

昨日届いたポータブルソーラー発電機、思ったよりすごい!今日はよく晴れてるってのもあるけど、午前中だけで、iphoneの満充電と単三充電池4本の充電が完了しそうだ。 ow.ly/i/DwFe

コンセントにつながなくても充電できるって、当たり前なんだろうけど、何だか不思議だ。

太陽光発電は、元が取れるかで判断するより、電力会社から買う電力をどれだけ減らせるかで判断するベキだと思う。

僕がやってる太陽光発電の実験は極小規模だけど、発電と蓄電が現実に出来ると分かって、頑なに拒否していたうちの母親も太陽光発電に興味を示し始めた。僕が実現した発電量より、僕の行動が人に与える影響が重要だと思ってる。

今日朝からiPadをソーラー発電機に直でつないで、外で発電、充電しておいたら、17%だったのが84%まで充電出来た。天気が良ければiphoneは2、3時間で充電出来ちゃうけど、ipadはかなり時間がかかる。でも、一応、充電できることが証明出来た。

充電池(8本)とUSB出力付きポータブル電源を加えて、更に信頼性がアップしたソーラー発電セット。モバイル機器の充電なら、これで間に合っちゃうはず。 ow.ly/i/ESG8

ただ、ソーラー発電によるモバイル機器以外への電源供給となると、ぐんとハードルが上がってしまう。7万くらいのスーツケース型のでも、ノートパソコンとテレビくらいしか賄えないかも。室内灯が意外と曲者。

単三充電池でつく室内灯でも探すかな。本気で、せめて自分の部屋で使う電力だけでも再生可能エネルギーで賄いたい。

自転車のエクササイズマシーンで発電が出来るのが欲しいな。それで、部屋にいる間は、漕ぎながら部屋の電気を発電する。

そういうことを考えると、エネルギーを消費してスポーツクラブまで行って、エネルギーを使って運動をする、ってのがどれだけ無駄が多いことなのかが見えてきそうなもんだ。もちろん、スポーツクラブには他人とのつながりを作るコミュニティの機能もあるんだけど。