新品と中古が同じ値段だったとしても、中古の方が価値があると考えるパターンがあってもいいと思う。「中古の方が価値がある」という可能性について考えてみたい。もちろん、場合によるだろうけど。 

個人的には、何かを買うとき、中古のものを先に探す。「安いから」というのもあるけど、「環境に出来るだけ負担をかけずに済む」というのが主な理由。別のいい方をすると、「新品のものを買う」ということは、環境に負担をかけることなんだと思う。そのくらいの覚悟をして新品を買うべき。 

食品など腐るものや明らかな消耗品は除けば、腐らず半永久的に使えるものということになる。そういうもので新品を買うってことは、将来のゴミを増やすということ。中古で買えばゴミは増えない。深刻さを極めるゴミ問題を考えれば、中古で買う価値は確実にある。 

偏見かもしれないけど、固定観念で嫌いなのものに「ブランドものの新品がいい」ってのがある。個人的に、Goodwillで買ったものは、値札をそのまま貼ってGoodwillブランドとして使っている。Goodwillとは、ゴミ同然の寄付されたものを中古で安く売り出す非営利団体。