何回かに分けてちょっとずつ書いて行こうと思います。

3月18日(土)午前3時頃、自宅近くのボーリング場の駐車場にて、ナオトトロ氏の車に拾われて厚木インターから東名高速に乗り、関西方面へ出発した。

この時のメンバーは、主に音楽関係の繋がりの、244(Sunsetlife Records, Noonehelpsme)、ナオトトロ(THE SUNSETBOULEVARD, rufen)、オノちゃん(rufen)、クリカニスト(daylight)という華の無い4名だった。

途中、これから始まる過酷なフードファイトのささやかな前夜祭として、吉野家で焼肉丼を食した。

途中、寝てしまったらしく、気付いたら既に吹田のサービスエリアに着いていた。
この時午前8時30分頃。

9時30分には京都の祇園エリア(?)に到着し、車を止めて、八坂神社を訪問した。

昔のバンドのツアーや、会社の出張で、この辺りは良く来ていたので、新たな感動を得る事が難しかったが、今回、ナオトトロ氏につられて「恋みくじ」をやってみたところ、珍しく「大吉」だった。

かなり良い事ばかり書いてあって、後で見ようと写真を撮った気がしたんだけど、どうやら保存するのを忘れてしまっていたらしい。。。(残念)!!!

まぁ何しろ、今年は恋の予感がするね。(全く根拠なし)

、、、安西先生、、、恋がしたいです。。。(謎)

八坂神社を後にした後、鴨川を感じようという事で、鴨川へ向かい、トトロに押されて鴨川に落とされそうになりながらも、鴨川の脇のサイクリングロードの近くで座ってひぃさんを待つことに。
男4人でそれぞれ勝手な事をしていて極めて変な絵だったのだが、そんな事はお構い無しだった。

ひぃさんが到着して場が一気に華やかになったところで、再び車に乗り込み、フードファイト第一弾の『博多 長浜らーめん みよし』というラーメン屋に行った。
僕は知らなかったけど、京都でも有名なラーメン屋らしくて、とっても美味しかった。

このラーメン屋に来て、味よりも、僕にとって印象付けられた事があった。

何と何と、僕等が店内に足を踏み入れて間もなく、長渕剛のかの超大作「Captain of the Ship」(完全版なので13分ちょっと)が流れ始めたのだ!!!

この時、僕は密かに確信していた。

僕がこのラーメン屋を目指して来たのではなく、このラーメン屋が僕を呼んでいて、僕がこの店に足を踏み入れるという事は予め決められた運命だったのだという事を・・・

幾分か猫舌なので、ラーメンを食べている間、口の中がひりひりと熱を感じていた訳だが、そんな事よりも、この長渕氏の超大作に聞き惚れてしまい、むしろ、そちらの方へ向けて「熱い!」、「う?む、、熱いっ!」、「ヨ?ソロ?、ヨ?ッソロ?!」を連発。

僕を除くお客にとっては苦痛でしかなかったのは言うまでもないだろう。(カラオケでこの曲を歌うと、確実に誰かしらに途中で止められます・・・)

その後、アフロデー開催中の洋服屋さんなどで、極寒の京都の山中で凍死しないように何枚か着込めるものを購入した。
中でも、ラコステのニットのセーターは500円と、かなりリーズナブルなプライスで助かった・・・

その後、一行は再び車に乗り込み、さらなる京都観光に向かったのであった。